日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

交流会から仕事を取る方法。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日の
コンサルティングの中で、

 

異業種交流会の活用について
お話させて頂きました。

 

 

 

 

ともすれば、

 

ただ参加者と
仲良くなるだけで
終わってしまいかねないのが
交流会ですので、

 

(それが目的ならOKですが)

 

 

仕事を取るために
交流会を活用したいのであれば、

意識して欲しい考え方を
共有させて頂こうかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交流会に参加する際に、

 

「何か仕事につながれば…」

 

という漠然とした
希望だけを持っていても、

 

それは宝くじを
引くようなものですよね?

 

 

 

 

 

「何を目的とするのか?」

 

「どんな人とつながりたいのか?」

 

ココを明確に
しなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

生命保険の営業マンが
黒字の法人に対して
節税になるような保険を
売りたかったとしましょう。

 

 

 

この方にとって
一番ヘタクソな
交流会の使い方は、

 

「保険はどうですか?」

 

と参加者の皆さんに
声をかけてまわることです(笑)。

 

 

 

 

保険を仕事にしている方は
おそらく他にもたくさんいますし、

 

売り込み臭プンプンで
いっても必ず失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで
ポイントの一つ目は、

 

『直接的』ではなく
『間接的』なアプローチをすること。

 

 

 

 

例えば、

 

「顧問企業を多く抱える
税理士さんと親しくなろう」

 

なんてアイディアは
いかがでしょうか?

 

 

 

税理士さんは
自分の顧問先の
お金の事情を把握しています。

 

 

ですから
親しくなれれば、

 

利益が余っている会社を
ピンポイントで
紹介してくれるかもしれません。

 

 

 

交流会は人間関係を無視した
強引なアプローチに
向いていないので、

 

こんな風に
ターゲットを絞る訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが…ですね。

 

 

税理士さんだけを
狙っていくとなると、

一つの交流会に
1人か2人しかいない訳ですよ。

 

1人もいないことだって
十分にありえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、その交流会には
行く価値が無いのでしょうか?

 

 

こんな時は
視野を広げてみましょう。

 

 

 

 

 

 

A会に親しくなりたい
税理士さんがいて、

 

また別の
B会には税理士さんが
いなかったとします。

 

 

そんな場合には、

 

「A会の税理士さんのため」に
B会を活用すればいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の利益のためだけに

「お客さんを紹介してください」

と伝えても
相手にはされません。

 

 

そこで、B会では

 

「僕の知り合いに
すごく優秀な税理士さんが
いらっしゃるんです」

 

という営業活動を
行えばいいんですよ。

 

 

こうすれば、自分の商材を
アプローチする訳ではないので
売り込み臭もしなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手から利益を
受け取りたければ、
先に自分が差し出すべき。

 

 

税理士さんからすると
顧問契約ができるような
お客さんを紹介してくれる人は
大歓迎ですから、

 

ますは自分が
相手に喜んでもらえるような
動きをする訳です。

 

 

 

 

そうすれば、
相手も恩を感じてくれるので
紹介をもらいやすくなりますよね。

 

こうして、

「win-winの関係」が
できあがっていくんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、

 

『間接的なアプローチ』を
意識することで

 

人間関係が崩れることを避け、
効率的な営業を行う。

 

 

 

 

さらに、

 

『親しくなりたい方の
利益になる動きを心がける』ことで

ターゲットのいない交流会も
有効に活用する。

 

 

 

 

 

 

戦略無しで
交流会に参加をしても
時間とお金がムダになる
ケースが圧倒的に多いので、

 

この二点を
意識してみると良いですよ!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss