日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「腕が良い」のに儲からない方へ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は、

 

写真館を経営している方に
スポットコンサルティングを
行いました。

 

 

今は多くの写真館が
七五三などのイベント時は
入りきらないくらいに
お客さんがやって来るものの、

 

イベントが何も無い時期は
ガラガラで売上がトントンという
状態になってしまってます。

 

 

まあ、これだと
利益は残らないですよね。

 

 

 

 

 

「この状態から抜け出すために
どうしたらいいのか?」

 

このご相談を頂きまして、

 

これから顧問として
サポートさせて頂くことに
なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話の中で印象に残ったのは、

 

「写真の賞を取っても
お客さんって全然増えないんです…」

 

という言葉。

 

 

カメラマンの業界では
すごく有名なコンクールが
あるみたいなんですが、

 

そこで金賞を取っても
集客にはつながらないという
お話をしていたんですね。

 

 

 

まあ、例えば
カメラマンに指導をする
カメラマンとして仕事をしたいなら、

 

こういった受賞歴は
価値があるはずなんですよ。

 

業界の中では
大きな意味を持つ賞みたいなので。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

一般のお客さんは
技術が高い人のところに
やって来る訳ではないんです。

 

コレ、カメラマンに限らず
技術職全般に言えることなんですが、

 

「技術の高さ」と
「売上」って、全く比例しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、
どこに人が来るのかと言うと、

 

 

「技術の高い人のところ」
ではなく、

 

「技術の高そうな人のところ」
です。

 

 

この違いに気づけるかどうか。

 

 

 

 

 

 

飲食店でも

 

 

「料理の美味しいお店」
ではなく、

 

「料理の美味しそうなお店」
に人は集まります。

 

 

繁盛しているお店の隣の
ガラガラのお店の方が、

美味しい料理が出てくるなんて
よくあることなんですよ。

 

 

要は「見せ方」の問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンが
ホームページに
自分の作品を
ズラッと並べてみた。

 

 

それが実際に
すごくクオリティの高いモノで
他社の写真と比べて
遥かにすごかったとしても、

 

残念ながら
素人が見たところで
違いはよくわかりません。

 

 

そんなもんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、
お客さんはどこで
良し悪しの判断をするのかと言うと、

 

『ストーリー』『専門性』です。

 

 

 

 

例えば、

 

「自分の母親が病気で苦しんだので、
同じ病に悩む人達を救いたくて
医者になりました」

 

という
お医者さんって
信用できそうですよね。

 

 

 

逆に、

 

「親も医者だったので
流れで自分も医者になりました」

 

という人だと
いかにも熱意が無さそうで
信用できません。

 

 

 

仮に技術は後者の方が
圧倒的に高かったとしても、
前者に任せたいと
考えるのが人間です。

 

 

これって
『ストーリー』の力なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『専門性』については、

 

「どんな写真でも撮ります!」

 

というカメラマンは
信用されないんですよ。

 

自称何でもできる人って
全部が中途半端な人と
見られてしまいますから。

 

 

 

 

逆に、

 

「料理の写真だけを
専門に撮影しています!」

 

と言われると、

 

それを聞いた人は
「その道のプロなんだな…」
と勝手に思い込んでしまう。

 

 

 

実は後者が
素人レベルの腕前しか
無かったとしても、

 

料理の写真撮影を
依頼する時には
後者を選んでしまうというのが

 

『専門性』の力です。

 

 

 

 

 

 

よくわからん賞を
受賞している人よりも、

 

『特定分野のプロ』に
人は依頼をしたいんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術者が自分の技術の研鑽に
こだわりを持つのは当然ですし、

それ自体が
悪いことではありません。

 

 

ただ、
あくまでビジネスとして

捉えるのであれば、

技術を磨いているだけでは不十分。

 

 

顧客への「見せ方」にも
同様に力を入れたいところですね。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss