日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

続・焼肉店の「効果的」な無料サービス。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

さて、前回の続きです。

 

 

焼肉店の「効果的」な無料サービス。 | 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」
行こうと思っていた店が 閉まっていたので、 フラッと立ち寄った焼肉屋が むっちゃアタリでした。 決して安くはないですが、 シンプルに肉がすごく美味しい。 さらに、好きな食べ物を聞かれると、 「ネギ」と答えかねない僕でも(笑) 納得のネギナムルが絶品。 そのまま食べても 酒のツマミになりますし、 肉と一緒に食べても最高。 スーパーのしょぼいお肉でも このネギがあれば 相当楽しめるぜと思ったもんで、 ダメ元で 持ち帰り用が作れないか交渉。 快くOKしてくれましたので ネギナムルを二つ追加しました。 それまでの対応も 非常に感じが良かったんですが、 「今からネギを切るので これを食べてお待ちください」 と、サービスのホルモンを 持ってきてくれました。 なんですって・・・ しかも、薄切りで 割と速く焼けるタイプ。 わかってるじゃないの・・・ そして、これも美味しいじゃないの・・・ さらに、 「ネギナムルがお好みでしたら 同じ味付けのコレもオススメですよ」 と、塩ダレで味付けされた 玉ねぎもサービスで持ってきてくれました。 たまらず、 ハイボールを追加(笑)。 食べ終わる頃には ネギナムルも仕上がってまして ニコニコで帰宅。 帰り際には 店主の方が出てきて、 軽く雑談をした後に 名刺の交換もしました。 これは通いたくなっちゃうな・・・

 

できればコチラを先に読んでください。

 

 

 

 

要約すると

 

フラリと立ち寄った焼肉屋の
タイミングの良い無料サービスで
ファンになっちまったよ・・・というお話。

 

 

 

ネギナムルが
美味しすぎたので、

 

「持ち帰りさせてちょうだいや!」

 

と、お願いしたところ、

 

 

「これでも食べて待ってな」

 

と店主にお肉を出されて
メロメロになったという流れです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、書き足したかったことは
いったい何かと言いますと、

 

相手に響く攻撃は
偶発的にではなく
狙って繰り出そうぜという話です。

 

 

 

前回書いた記事は
僕がたまたま持ち帰りを
要求したのに対して、

 

華麗なサービスで
カウンターを受けたのですが、

 

そもそもメニューに書いていない
持ち帰り要求をする人って
そんなにいないはず。

 

 

 

 

 

 

 

であれば、

 

要求するように
仕向けてやればこの状況を
再現しやすくなる訳ですよ。

 

 

 

 

一番わかりやすい方法だと

 

「この商品はお持ち帰りできます」

 

と、メニューに記載すれば
注文が入る確率は
間違いなく上がりますよね?

 

 

 

さらに
ちょっと手間はかかりますが

食事の中盤以降に

 

「気に入ったメニューがあれば
お持ち帰りもできますので」

 

という声掛けをすると、

 

 

持ち帰りの注文が
終盤に入りやすくなるので
サービスする展開に

持っていきやすくなる。

 

 

 

あとは、

 

「期間限定でこのメニューの
持ち帰りが○%オフです」

 

という表現をすると
もっと確率は上がりますよね。

 

 

 

すると、

 

 

「じゃあ、これを持ち帰りで」

 

 

「これでも食べて待っててください」

 

 

「まあ、なんて気の利くお店!」

 

 

のコンボが
発動しやすくなる訳です。

 

 

(コレ、僕にしか
刺さってないかもしれませんが 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、毎回サービスを
期待されても困りますんで、

 

「次回は最初に言ってくれれば
スムーズにご用意できますので」

 

みたいに
釘を刺しておく必要はありますし、

 

そもそもサービス自体は
僕はあまり推奨してません。

 

 

 

 

 

が、僕が言いたいのは
そこではなく、

 

偶発的にでも
お客さんが喜んでくれる
シチュエーションが発生した場合、

 

それを再現するには
どうしたらいいかを考えて実行しよう!

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

雑談をしている時に
こんな言葉をかけたら
すごく喜んでくれたので
毎回言うようにマニュアル化しよう・・・

 

 

とかでも、いいんです!

 

 

 

 

 

飲食でも接客でも
販売でも営業でも、

 

偶発的に
良い結果が出ることは
よくありますから、

 

そのチャンスを逃さないことが
大事なんですね。

 

 

 

 

 

同じことを
何回やっても
良い結果が出るような

 

「最強のワンパターン」

 

を、構築していきましょう。

 

 

 

 

 

◆Youtubeチャンネル 
『イチダイジ on Youtube』 8/3更新!◆

 

【商品分析のマトリクスを作ろう!】

売り方の前に、「売るべき商品が何か」をきちんと考えましょう!

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss