日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

よろしくないセミナーの入り。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

先日、前情報が
全く無い方のセミナーに参加。

 

 

 

僕と同業っちゃ同業でしたね、

 

お伝えしていることも
類似している部分があり

 

「こういうまとめ方もあるのか」

 

というのは
すごく参考になりました。

 

 

 

 

 

 

ただ・・・正直なところ、

 

講師としての
「しゃべり」の部分は
だいぶレベルが低かったです。

 

 

 

ですが、それを補うためか
スライドもしっかり用意してあり、

 

それに沿って進んでいくので
内容は普通に理解できる感じ。

 

 

 

 

僕は
しゃべりが上手い人じゃないと
講師をしちゃいけないと
思っている訳ではないので、

 

ニガテな部分を他の手段で
カバーしているのであれば
それはそれで全然良いんじゃないかなと。

 

 

 

 

 

 

 

・・・考えていたんですけども。

 

 

 

 

なんだろう・・・

 

自分のしゃべりが
上手いと思ってるんだよな・・・

 

 

 

 

 

「ワークショップには頼らず、
得意のマシンガントークで
いっちゃうぜ!」

 

みたいな感じなんですよ(笑)。

 

 

 

 

早口なことを
マシンガントークと言うなら
間違ってはいませんが、

 

元々の声質が聞き取りにくいし
早口なのが拍車をかけてるし
どもったり、話が前後したりも多い。

 

 

 

 

一対一なら
問題ないんでしょうが、

 

一対多の
セミナー形式だと
通用してないんだよな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師が最初にやるべきこと

 

 

 

 

 

コレですね、

 

 

「しゃべるのがニガテなんで
聞きづらかったら勘弁してください。

 

スライドとかを駆使して
できるだけわかりやすくなるよう
頑張りますので!」

 

という立ち位置だったら
しゃべりが上手くなくても
全然許せるんです。

 

 

 

それを聞いて、

 

「しゃべりがニガテなら
講師なんてやるんじゃねえ!」

 

と、キレる人って
あんまいませんから(笑)。

 

 

 

 

 

 

セミナーや講演って
一定数は講師のことを
知らない人が混じりますが、

 

基本的に前情報が無いと
受講者って半信半疑の状態で
やってくるもんなんですよね。

 

 

 

特に講師の年齢が若いと

 

「なんでお前に
教わらないとならんのじゃ」

 

というスタンスの方が多いので
(じゃあ来るなって話ですが 笑)

 

確実に、鼻につくと思われてます。

 

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

舐められないように
自分の経歴のすごさを
バチバチに押し出す人もいますが、

 

これは完全に逆効果。

 

鼻につく感じが加速するだけ。

 

 

 

 

最初のツカミで
笑いを取りに行って

 

(コテコテの漫談や小話ではなく
軽くスベるくらいが良いですね)

 

 

「むっちゃスベってるけど、
なんか悪いヤツではなさそうだな…」

 

と思ってもらうところから
スタートしたりしないと、

 

どれだけ良い話をしても
受講者側に聞く耳がないんで

全然伝わらなくなってしまう訳です。

 

 

 

 

 

 

 

僕も元々はできるだけ
自分を大きく見せようと
頑張っていたんですが、

 

それをやってしまうと
特に男性の受講者の
心が離れるのがわかりました。

 

 

(女性は「先生」感が
強いのを素直に受け入れてくれる人が
僕の経験としては多いですね)

 

 

 

 

 

 

セミナーの内容自体は

どこか一か所でも
相手に引っかかれば
十分なことが多いので、

 

 

「こいつの話なら聞いてもいいか」

 

と思わせることに
全力を出すのが大事ですね。

 

 

 

 

 

◆Youtubeチャンネル 
『イチダイジ on Youtube』 8/7更新!◆

 

【飲食店を始めるまえに必ず見て欲しいこと】

 

利益率激低のビジネス、
飲食店に乗り出すのであれば、最低限コレを考えろ!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss