日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

それって「ニワカ」に響いてます?

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は
YouTubeの撮影のため、

 

芸術の森の
キース・へリング展に
行ってきました。

 

 

 

1980年代を代表する
アメリカのアーティストですね。

 

 

 

 

 

 

まあ、お察しの通り
美術に対しての知識は
ほぼゼロなので(笑)、

 

いきなり行って
理解できるものなのか
ちょっと不安でしたが、

 

 

むっちゃ良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンタンに言うと、

 

僕みたいな
「ニワカ」に対しての
配慮がされてるんですよね。

 

 

 

 

正直なところ、

 

ただ作品が
並んでいるだけですと、

 

何が何だか
わかんないじゃないですか(笑)。

 

 

 

 

 

 

それを「感じる」のが
美術鑑賞なのかもしれませんが、

 

それってド素人には
結構、ハードルが高いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の展示会は、

 

作品が内容や年代ごとに
グループ分けされ、

 

 

最初に

 

「このグループの作品は
こういった意図で作られてます」

 

という説明が
書かれています。

 

 

 

 

 

その文章も

気取った意味のわかりにくい
内容ではありませんし、

 

 

かと言って、

 

陳腐に感じてしまうほど
説明がしつこかったり
具体的過ぎたりもしない。

 

 

 

 

作品の楽しみ方を
教えてもらってから
進むことができるので、

 

すごく面白かったですね。

 

 

 

 

 

何なら見終わった後は、

 

ちょっと
キース・へリングについて
語れる気がしますもん(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ニワカ層」の
取り込みって、

 

すごく重要ですよね。

 

 

 

 

誰しも最初は
その分野のニワカですから、

 

そこから育てていかないと
ロイヤルカスタマーには
なってくれません。

 

 

 

 

 

ところが、

 

商品やサービスを
販売する側って
その道のプロですから、

 

どんどん
ニワカの気持ちが
わからなくなってくる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、野球の素人を
球場に連れて行くことに
なったとしましょう。

 

 

詳しいルールを知らなくても
楽しんでもらうには
どうしたらいいか・・・

 

 

そう考えた時に
わかりやすく
凄さが伝わるよう、

 

ものすごく速い球を
投げるピッチャーが
出てくる試合を選んだと。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

160km/hを連発する
ピッチャーを見せながら、

 

「ほら、すごい速さでしょ?」

 

と話を振ったところ、

 

 

 

 

「160km/hって速いんですか?」

 

と、返されてしまった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みたいな感じですかね(笑)。

 

 

 

野球に詳しい人からすると、

 

「速い球を投げる!」

 

というのはいかにも
わかりやすいことに感じますが、

 

 

 

野球の知識が
全く無い人からすると、

 

何キロだったら速くて
何キロだったら遅いのかすら
わからないんですよ。

 

 

 

 

ハッキリ言って、

 

スタンドから見ていると
140km/hも160km/hも
たいして変わりませんし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

 

ルールすら
よくわかっていなくても、

 

札幌ドームの外野席で
大はしゃぎしてる
ギャルもいるんです(笑)。

 

 

 

 

 

彼女たちは

 

 

「選手がイケメンだから好き」

 

「応援歌をみんなで歌うのが
楽しいから好き」

 

「ユニフォームを着るのが
コスプレみたいで好き」

 

 

とまあ、野球という
競技に対して
何の関心もありませんが(笑)、

 

 

同じチームを
応援している多くの人と
一緒になって盛り上がるのが
楽しいと感じる訳ですね。

 

 

 

(これは僕の
昔の知り合いの話です 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう視点が、

 

プロになってしまうと
抜けてくるんですよ。

 

 

 

 

 

僕はコンサルタントの中でも
すごく幅広い業種を
担当しているタイプなので、

 

業界のことを
全く知らないケースも
珍しくありません。

 

 

 

 

しかし、

 

そういうフラットな人の方が
顧客目線での改善点が
すぐにわかるもんなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ニワカ」を
掴むための戦略を

打ち出したはずなのに、

 

 

実は全く
ニワカに寄り添えていない
なんてことはよくあります。

 

 

 

もう一度、

 

目線を合わせ方を

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

————————————–

 

 

【だーちー漢旅 札幌芸術の森編】

 

キース・ヘリング展に突入!
和のスイーツセットが過去最高のクオリティ・・・

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss