日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「何を話すか」なんて考えない。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 
 
昨日は所属している
交流会の会議があったんですが、
 
 
見学に来た
来年入会予定の方と、
 
その紹介者である
今年入った新人さんが
休み時間に話をしていたので、
 
ご挨拶に行きました。
 
 
 
 
 
 
 
すると、
 
 
新人さんに
 
 
「ここまでは
マジメな話が多くて
退屈だったかもしれないけど、
 
千田さんが話す時間は
盛り上がるから楽しいよ」
 
 
と、おそろしく
プレッシャーのかかる
紹介をされることに(笑)。
 
 
 
 
 
まあ、そう
感じてもらえているのは
ありがたい限りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これはもう
職業病なんでしょうが、
 
自分が話している時に
無反応の空気が流れるのが
許せないんですよ(笑)。
 
 
 
 
会議なので
基本的にはマジメに
活動報告や話し合いを
することが多いんですが、
 
正直なところ
延々続くマジメな話って
誰も聞かないじゃないですか。
 
 
 
 
 
 
 
 
ですから、
 
 
自分でしゃべるからには
笑いであったり、
 
 
「この意見はすごい!」
 
という感心であったり、
 
 
何かしらの感情を
聞いている皆さんから
引き出さないと不安なんです。
 
 
 
 
 
 
逆に、シラーっとした
空気の中でずっと話せる人の
メンタルの強さが理解できない(笑)。
 
 
ある意味
ビビりなんでしょうね…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうなると
常に頭の中にあるのは、
 
 
「どんな話をしよう」ではなく、
 
「どうやって
反応を引き出そう」ということ。
 
 
 
自分の話の内容より
相手の反応のことを
ひたすら考える訳です。
 
 
 
 
 
 
 
最もわかりやすいのは
「笑い」になりますので、
 
基本的には
10~20秒に一回くらいは
小さいのも含めて
笑える部分をねじ込みたい。
 
 
 
 
 
もちろん、
 
すべらない話みたいのを
何個も入れていたら
会議が全く進まないので(笑)、
 
 
軽くボケるとか
言い回しを工夫するくらいの
細かなモノもありますが、
 
 
 
それをずっと
継続していると
 
「場があたたまる」
感覚はあるんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特に会議の場合は、
 
笑おうとする
精神状態になっていないので、
 
 
小さい笑いを
ちょこちょこちょこちょこ
投げ込んでいって、
 
「笑っていいのかな?」
 
という認識に変えるイメージ。
 
 
 
 
そこで一つ、
 
話している内容にちなんだ
小話なんかを放り込むと
 
ワッと笑いが起きる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おそらく、僕の発言を
文字に起こしても、
 
特に面白くないんですよ(笑)。
 
 
 
大事なのは
あくまでも「空気感」。
 
 
 
 
 
人間って
面白いから笑うのではなく、
 
笑っていいんだという
空気で笑っちゃうんですよね。
 
 
(バラエティー番組で執拗に
スタッフの笑い声を入れるのも
そういう理由かなと)
 
 
 
 
 
 
 
 
「面白いことを言おう」
 
 
と考えると
なかなか難しいもんですが、
 
スベっていても
それを連発していくと
確実に空気は変わります。
 
 
 
 
人前で話す時は、
 
こっちに意識を
向けてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
————————————–
 
 
 
【だーちー漢旅 小樽市朝里編】
 
海鮮丼とまるごとけずりイチゴを食べての、
オタルナイ湖・さっぽろ湖巡り!

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

 
 
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss