日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

コレなら売れる!アプローチのポイント。

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日やっと
タイヤ交換ができました。

 

いやー、
雪が積もる前で良かった。

 

 

 

昔は自分で
ジャッキ使って
交換してたんですが、

 

もう、その気力が無い(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな営業を受けました

 

 

 

受付で
手続きをしていると、

 

「追加料金を払えば
タイヤをピタッと真ん中に
取りつけられますよ」

 

との案内が。

 

 

タイヤが性能を
発揮しやすくなるらしいですね。

 

へぇー。

 

 

 

たいした額ではないので、

やってもらうことに。

 

 

 

 

 

 

次に

 

「足回りの
錆止めをしませんか?

 

タイヤ交換とセットなら
20%オフになります」

 

との案内が。

 

 

まあ、冬になると
融雪剤が道路にまかれて
錆びやすくなりますからね。

 

 

 

 

 

 

どうしよっかなーと
思っていると、

 

「タイヤを外す時に
取りつけ部分にも
錆止めをした方がいいですよ」

 

と、さらに案内が。

 

 

 

 

 

 

「これも別料金ですか?」

 

と確認すると、

 

 

「足回りの錆止めをすると
20%オフになります」

 

と、満面の笑みで言われました。

 

 

 

ゴリゴリ
営業してくるなぁ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった
クロスセルをかけるのは
非常に重要なので、

 

どんどんやった方が
良いと思いますが、

 

正直なところ
ちょっとやり方が
ヘタでしたね。

 

 

 

 

「アレもあります」

 

「コレもあります」

 

と、一つずつ
小出しにしてきたので、

 

 

 

「まだ営業するの?」

 

というウンザリ感が

強くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

「どうしますか?」

 

と、決定権を
お客さんに委ねるのも
あまりオススメできません。

 

 

 

やった方がいいのか、

 

必要無いのか、

 

素人には
わからないんですもん。

 

 

 

 

「どっちでもいいなら
やめておこうかな」

 

と、考える人も

確実に出てくるはず。

 

 

 

相手に
選択をさせるってのは、

 

ある意味
自分の職務を
放棄してますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなやり方はいかが??

 

 

 

僕がやるんでしたら、

 

 

「タイヤ交換の
オプションが三つあり、

 

センター取りつけと
足回りの錆止めと
タイヤ部分の錆止めです」

 

と、全体像をまず見せます。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

「センター取りつけは
タイヤが性能を
発揮しやすくなるので、

 

冬場のスリップを
抑えられます。

 

安価ですし
やった方が良いですね」

 

と、サクッと獲得。

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

 

「錆止めが足回りと
タイヤ部分の
二か所ありますが、

 

これをやらないと
ボディが傷むので、

 

余計に修理費が
かかるようになります」

 

 

「半年に一回が
目安になりますので、

 

タイヤ交換のタイミングで
必ずやりましょう」

 

 

と、言いきっちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

三つやった場合の
合計金額を
「定価」で見せます。

 

 

 

 

この時点で
車のプロから
「やるべきだ」と
断言されているので、

 

半分以上は
首を縦に振るはず。

 

 

 

 

 

迷う人は必要性は
理解しているものの、

 

価格だけが
ネックになってますので、

 

 

迷わせた後に

 

「三つセットでやった場合は
全体から20%引きになりますよ」

 

と、割引を提示する。

 

 

 

この順番でやれば、

8割は取れると思います(たぶん)。

 

 

 

 

 

 

 

で、さらにタイヤ交換中に
ボディの写真を撮って
待機中のお客さんに見せ、

 

「錆がこういう状態なので、
今やっておいた方が…」

 

と、もうワンプッシュ。

 

 

 

 

これで9割いけるはず(笑)。

 

 

(もちろん、もっと細かい
台本も用意しますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ商材を同じ価格で
売るとしても、

 

商材を出す順番や
割引を提示するタイミングを
少し変えるだけで、

 

売上は大きく変わります。

 

 

 

 

そのコツを動画でも
解説しておりますので、

 

是非、ご覧ください!

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

相手に「買いたい!」と
思わせる手法がコレ!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss