日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「あたふた感」が全てを台無しに。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

 

GoToトラベルに
制限がかかり、

 

札幌市・大阪市を
目的地とする旅行が
対象から外れました。

 

 

感染者数が一気に
増えてきましたもんね。

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

札幌や大阪から
出る分には今まで通り
割引の対象になるんですよ。

 

 

 

当然、コレには
ツッコミが集まってまして(笑)、

 

「感染者が多い地域の人を
外に出すのは、なぜOKなの?」

 

と、疑問を抱えている方も
多いはず。

 

 

 

 

 

 

政府を批判する声も
多いですが、

 

あちらを立てれば
こちらが立たず・・・

 

という状況なんでしょうね。

 

 

 

 

 

GoToを止めないと
感染者が増えてまずいし、

 

完全に止めると
経済がヤバい。

 

 

 

 

 

万人が納得する
選択肢なんて
存在しませんから、

 

折衷案と言いますか
中途半端な対応を
せざるを得ないんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジョンに沿った行動を!

 

 

 

 

 

では、どうすべきだったのか?

 

 

私見ですが、

 

政府のやっていることが
まずいと言うよりは、

 

右往左往しているように
「見える」動きが
ダメなんじゃないかと。

 

 

 

 

 

「コロナやばい!
緊急事態宣言だ!」

 

「経済やばい!
GoTo事業で回復だ!」

 

「また感染者増えてきた…
GoToは中止だ!」

 

 

という(笑)

 

えげつない
その場しのぎ感が
ありますよね。

 

 

 

 

 

 

もちろん、最初は
未曾有の事態への
対応ですから、

 

うまくいかない部分が
あるのは仕方ないですが、

 

 

GoTo事業を始める時には
これで感染者が増えることは
誰にでもわかったじゃないですか。

 

 

 

 

 

それでも
断行したということは、

 

よっぽどの覚悟が
あったんじゃないかと
思いましたが、

 

感染者が増えると
あたふたして急に中止(笑)。

 

 

 

コレが怒りを買う
ポイントなんじゃないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、

 

 

「このまま自粛を続けると
経済面で破綻して
自殺する人の方が増えるので、

 

感染者が増えても
GoTo事業は継続します」

 

と、覚悟を決めて言い切るなり、

 

 

 

 

 

「これからGoTo事業を
スタートしますが、

 

一日の感染者数が
○○の基準に達した時点で
この事業は打ち切ります」

 

 

と、先の見通しを事前に
発表しておくなりするだけで、

 

同じ対応でも
あたふた感が一気に
無くなったと思うんですよ。

 

 

 

(こんな単純な話じゃ
ないことはわかってますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは
ビジネスにおいても同じで、

 

 

臨機応変と言えば
聞こえはいいですが、

 

結果を見てから
方針や行動をコロコロ
変えるリーダーに
人はついてきません。

 

 

 

 

 

揺るぎない
ビジョンに沿って
行動をするからこそ、

 

ビジョンが一致する人は
待遇や結果に関わらず
ついて来てくれますし、

 

 

ビジョンが合わない人は
早いタイミングで
離脱してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万人がついて来る
リーダーって、

 

ある意味、
中途半端なんですよね。

 

 

 

ついて来る人は
とことんついて来るが、

 

合わない人は
さっさと見切りを
つけてしまう。

 

 

 

このくらい
ハッキリしている
リーダーの方が、

 

一枚岩の組織を
作りやすいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレが国単位となると、

 

考え方の合わない
国民を切り捨てるというのが
難しいんでしょうが、

 

 

全員に迎合しようとすると
中途半端な対応に
なってしまうのは、

 

今の政府を見ると
わかるんじゃないかと。

 

 

 

 

 

我々はもっと
小さな組織を束ねれば
会社を運営できますからね、

 

大衆に好かれようと
しない方が良いかもしれません…。

 

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

相手に「買いたい!」と
思わせる手法がコレ!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss