日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

千田はどのシャンプーを選んだのか。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

先ほど
ドラッグストアで
シャンプーを選んでました。

 

 

 

普段は
美容室に行った際に
ついでにシャンプーも
買っていたんですが、

 

今回は
タイミングを逃して
近所に買いに行くことに。

 

 

 

 

うーん、お店で
しばらく買ってないので、

 

選ぶ基準が
全然わからん(笑)。

 

 

 

さて、そんな時に
僕は何を選んだのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店で一番高いヤツください(笑)

 

 

 

こう言うと
めっちゃ嫌味に
聞こえるかもしれませんが、

 

僕は
「一番高いシャンプー」
探しました(笑)。

 

 

 

理由はシンプルで、

 

普段買っているシャンプーが
3,000円くらいなので、

 

同じくらいの
価格帯のモノを
買おうと思ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

ドラッグストアに
置いてあるシャンプーって
1,000円前後なんですね。

 

 

むっちゃ安い……

 

 

 

 

 

 

 

となると
今度は不安になるんですよ。

 

 

なんかやべえもんが
入ってるんじゃないかと(笑)。

 

 

 

 

石油系のシャンプーだと
あーだこーだ聞くし、

 

僕のキャラ的に
ハゲてもイジれるのは
一圓さんくらいだし(笑)、

 

周りに気を遣わせても
アレなんで安いモノは
使いにくい。

 

 

 

そんな感じで
商品を選んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

「品質が同じ場合、
安い商品が選ばれる」

 

という
マーケティングの常識は
人間には当てはまりません。

 

 

 

 

「とにかく安いモノを!」

 

と、考える人もいれば、

 

 

「とにかく高いモノを!」

 

と、考える人もいるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、僕だって
高級志向の人間ではないので、

 

 

商品やサービスの
ジャンルによっては

 

「1円でも安いモノを…」

 

と考えることは
珍しくないですよ。

 

 

 

 

単に、僕の中の
シャンプーの相場感覚が、

 

一般の人よりも
高かったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、コンビニや
ドラッグストアでしか
シャンプーを買っていない人は、

 

「1,000円前後」というのが
シャンプーの相場になるはず。

 

 

 

 

 

となると、

美容室で3,000円の
シャンプーが売っていたら、

 

「コレ、高えよ!!」

 

と感じるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は単に無知だったので、

 

勧められるまま
ノリで買ううちに(笑)、

 

シャンプーの相場感覚が
できあがっただけ。

 

 

 

要は、相場の感覚が合う人を
自分のお客さんにすれば、

 

高単価な商材でも
カンタンに買ってもらえるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民全体を
ターゲットにすると、

 

全てが平均化されて
他社と同じような価格で
商材を売る必要が出てきます。

 

 

 

 

 

ですが、

 

一部の人に
ターゲットを絞ると、

 

特別なことをしなくても
高単価な商材は
販売は可能なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうにかして安くしよう…」

 

と考えるよりも、

 

 

 

「適正価格で買ってくれる人に
どうやってアプローチしよう…」

 

「今来ているお客さんに
どうやって正しい相場を教育しよう…」

 

と考えた方が
結果が出るのは早いです。

 

 

 

 

 

単価アップについては
動画でもお話してますので、

 

是非、ご覧ください!!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

【イチダイジ on Youtube NO.29】

 

特化とは捨てること。
価格競争から抜け出せ!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss