日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

成績に波があるスタッフは、ココに問題アリ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日はメルマガ&ブログを
執筆した後に、
タイトルがなかなか
思いつかず困ってました。

 

(タイトルは最後に
つけるのが鉄則です)

 

 

 

 

 

とりあえず、
もう一度、文章を見直したら
何か浮かぶのではと思ったため、

 

普段はメモ帳の中で
内容を完成させてから
メルマガ送信ページに
貼り付けしているのですが、

 

タイトル無しの状態で
先に貼り付けをすることに。

 

 

 

 

 

 

で、本文をもう一度
読み直してから
やっとタイトルをつけたんですが、

 

その後の
記事をアップする作業に
すごく時間がかかったんですよ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常ならタイトルを付けた後、

 

メルマガに全部で三か所
タイトルを入れるところがあるので
そこにタイトルを貼り付け。

 

 

そのままメルマガ送信ページと
ブログの編集ページにも
タイトルを貼り付け。

 

 

その後、メモ帳の
文章全体をコピーして
メルマガ送信ページに貼り付け。

 

 

その中の
本編の部分だけをコピーして
ブログ編集ページに貼り付け。

 

 

で、改行や文字の加工などを
一気に終わらせて
メルマガ&ブログが同時に完成。

 

 

毎回、この流れでやってます。

 

(ココは何となくでも、
わかってもらえれば十分です 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう何百回と
この流れを繰り返しているので、

 

一連の工程を
後ろで見ていたスタッフが

 

「早すぎて目で追えない…」

 

と言うほどのスピードで
仕上げています。

 

 

 

 

 

ところが、昨日は
タイトルをつける順番を
変えただけで、

 

このスピードが
一気に落ちました。

 

 

 

普段と入力の
順番が変わったことで、
入力漏れや動きのムダが生まれて
いわゆるモタモタした状態に。

 

 

ルーティンワークの
重要性を再認識することとなりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に社員研修の時ですが、

 

「思い付きで行動を変えちゃダメ」

 

というお話を
させて頂くことが多いです。

 

 

 

 

先ほどの例のように、

 

同じ事務作業を
毎回違う順番で処理したり、

 

営業で客先に行った際に
毎回違う内容のプレゼンをしたり、

 

何の根拠も無い
「思い付き」で行動パターンを
コロコロ変えている人って
ものすごく多いんですよ。

 

 

 

 

 

 

もちろん、状況に応じて
行動を変えることが
必要な時もありますが、

 

それはあくまで応用編。

 

 

 

最も効果的だと
考えられるパターンで
同じ行動を繰り返すのが、

 

結局は最も高い勝率になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業マンでも
エステティシャンでも
何でもそうですが、

 

売上が高い月と低い月の
変動が激しい人っていますよね?

 

 

この原因の一つが
「行動のブレ」です。

 

 

 

 

調子が良い月は
必ず話している効果的なワードを

調子が悪い時には
全く相手に伝えていない。

 

思い付きで動いていると
こういったムラが生まれるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

まず作るべきは
鉄壁のテンプレート。

 

 

 

事務であれば、

 

「最初に○○を入力して
次に△△と照らし合わせてから、
××のチェックを行い…」

 

という作業の順番を
ガチガチに固める。

 

 

 

販売や営業であれば、

 

「最初は○○の話から入り、
△△の話題を振ることで
××に興味を持つように仕向け…」

 

というプレゼンの内容を
ガチガチに固める。

 

 

そうやって同じ行動を
何度も何度も繰り返すことで
業務のクオリティが上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこいようですが
「同じことを繰り返す」から
意味があるんですよ。

 

 

毎回、思い付きで
違う行動を取っていると
反復練習がされていない
状態ですから、

 

どうしても成長が遅くなります。

 

 

 

 

 

状況に応じて
行動を変えるなんてのは、

 

基本となる
テンプレートの動きが
完璧にできるようになってから。

 

 

 

 

 

 

「思い付きで動く」のと
「応用力」は全くの
別モノですからね。

 

 

まずは、

基礎を叩き込むことから
始めていきましょう。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss