日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

今時の結婚式から学んだこと。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

昨日は友人の結婚式に参加。

 

 

親しい人だけで
こじんまりとやりたいとの
意向だったようで、

 

参加者は親族も入れて
両家合わせて50名ほどでした。

 

 

 

 

僕はギリギリに着いたので、

 

中に入るとすぐに
待機所のようなところに
案内されることに。

 

 

既に参加者は
ほぼ全員そこに集まっており、
式のスタートを待つばかり。

 

時間になったら
会場に一斉に移動するんだろうなと
思い込んでました。

 

 

 

 

 

ところが、

 

その待機所っぽい場所に
司会の方が現れまして、
すぐに新郎新婦が入場することに。

 

 

大変失礼ながら

 

「えっ、ここでやるの!?」

 

と思ってしまいました(笑)。

 

 

 

 

ただ、実際に始まってみると、

場所が変に広くないぶん
一体感があって良い感じ。

 

 

15分ほど神前結婚式を行い、

 

終わるとすぐに
新郎新婦が入場してきた
階段を全員で上がりました。

 

 

 

 

 

 

すると、そこには
食事が用意されていまして
そのまま披露宴へ。

 

 

新婦が作った
二人の出会いを振り返る
VTR鑑賞とケーキ入刀以外は、

 

食事をしながら
皆で歓談するシンプルなつくり。

 

 

 

新郎新婦が近い距離に居て
いつでも話をしに行ける
身内感が良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

二次会も全体参加のものは
用意されておらず、

 

有志だけで勝手に行くというのも
斬新に感じました(笑)。

 

 

今は、こういう形の結婚式が
増えているみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は結婚式と言えば、

友人やら職場の人やらを
全て呼ばなければならず、

 

式場では○○をして
披露宴では○○をして
二次会では○○をして…

 

という暗黙のルールが
たくさんあったと思うんですよ。

 

 

 

 

 

 

ですが、今って
価値観がものすごく
多様化しています。

 

 

子どもの頃って
学校に行くと
皆が前日に同じテレビを見ていて、

 

ヒット曲は
全員が知っていて…

 

という時代でしたが、
今はそうじゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 

ネットを使えば
とんでもない量の
情報を取得できるので、

 

興味を持つ対象の幅が
ものすごく広がってます。

 

 

そうなると、
人との共通の話題って
減るんですよ。

 

 

 

 

狭い分野で
同じ価値観を持つ人と
「狭く深く」の人間関係が
生まれやすくなる。

 

 

さらに、社会の流れとしても

 

「会社での強制参加の飲み会は悪」

 

みたいな
個人の時間を重んじる考え方が
浸透してきましたから、

 

 

 

「大人数で集まって何かやろう!」

 

という機会は
どんどん減っていくんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となると、当然ながら
企業に対して求められる
サービスの内容も
大きく変わってきます。

 

 

 

結婚式で言うと
大規模で
画一的なものではなく、

 

 

小規模で
新郎新婦の意向を
反映しやすいものが
主流になってきているように、

 

他の業界でも
幅の広がった価値観に
対応できる商材が
求められている訳です。

 

 

 

 

 

 

その広がった幅に対して
浅く広く対応していくのか、

 

見込み客の母数は減っても
何か一つの分野に特化して
商材を提供していくのか。

 

 

 

この辺りが、

経営者のかじ取りとして
求められる要素の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何気なく参加した
結婚式一つをとっても、

 

世間の動向を
読み取るヒントは
隠されていますから、

 

 

他業種の取り組んでいることも
常に見逃さないようにしたいですね!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss