日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

アニメの原付二人乗り炎上について。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 
 
 
本日のワイドナショーで、
 
 
「スーパーカブ」という
アニメに出てくる
原付に二人乗りするシーンが、
 
法律違反ではないかと
炎上したというニュースが。
 
 
 
 
 
出かける
準備をしていたので、
 
あまり番組自体は
見ていなかったんですが、
 
ネタとして面白いので
考察してみることに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニュースを見た時の
最初の印象は、
 
 
「またバカが騒いでるのか…」
 
でした(笑)。
 
 
 
 
創作に対して
法律違反と本気で
ツッコむのって、
 
頭が悪すぎるだろうと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、もうちょっと
情報を集めてみると、
 
 
このアニメは
「日常系」と呼ばれ、
 
主人公達の
リアルな生活を
描いているらしいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なるほど・・・
 
 
 
確かに、北斗の拳で
モヒカンの連中が
バイクを乗り回していても、
 
 
「あいつらヘルメットしてない!」
 
というクレームは
さすがに出ないはず。
 
 
(出たら本格的に
この国も終わりだな 笑)
 
 
 
 
 
 
ファンタジーの世界ではなく
リアルな日常を描くと、
 
現実の法律に
準拠した内容でないと
違和感をおぼえるんでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう人たちを
 
「現実と創作を
混同しているバカ」
 
として、切り捨てるのは
カンタンですが、
 
 
 
現代がこういった
コンプライアンスへの配慮が、
 
異常なまでに
必要な時代になったことは
理解しておかねばなりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かく言う僕も、
 
以前に
すべらない話を
テレビで見ていた際に、
 
 
 
 
宮川大輔さんが
アクリル板の仕切りを
身を乗り出して越え、
 
咳払いをしまくる話を
したのを見て、
 
 
「こいつ頭おかしいんか?」
 
 
と思ったことがあり(笑)、
 
記事にもしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
話術を楽しむ番組なのは
重々承知してますが、
 
それでも
気になるものは
気になってしまうんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時と同じですが、
 
 
「あれ?」と
無意識に思うのは
 
もう避けられないんですよ。
 
 
 
 
 
 
大部分の人は
二人乗りシーンを見て
 
 
「法律違反じゃね?」
 
 
と、一瞬思ったとしても
 
そのまま流して
終わりなんでしょうが、
 
 
 
 
その一瞬は
思考が別のところに
飛んでいる訳ですから
 
作品に集中できていないはず。
 
 
 
 
 
必要がないのであれば、
 
その違和感が
生まれないようなモノを
作った方がいいってことですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕も講演をする時なんかは
 
一つでも話の中で
疑問が生まれてしまうと、
 
それが気になって
集中力の落ちる人がいるので、
 
 
 
 
「あれ?」
思われるポイントが
生まれないように、
 
 
細心の注意を払って
話を組み立てて
 
常に反応も伺ってます。
 
 
 
 
 
 
コンプライアンスに
うるさくなってしまった
時代自体は変えられないので、
 
 
自分の世界に
引き込みたいのであれば、
 
違和感が生まれない
やり方を考えねば
ならないんだろうなと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、実際には
このニュースを見たことで、
 
 
僕はおそらく
一生知ることの
無かったであろう
 
「スーパーカブ」
 
という作品を知った訳です。
 
 
 
 
 
まあ、たぶん今後も
見ることはないですが(笑)、
 
コレをきっかけに
おそらく一定数は
新たなファンを獲得したはず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原作では、
 
法律違反なのを
知ったうえで
二人乗りをするという
描写があったようですが、
 
 
アニメ版では
そこをあえて
カットしていたようですね…。
 
 
 
 
 
どこまでが
意図していたことか
わかりませんが、
 
 
こうやって
人々の潜在意識に
配慮をしたり、
 
利用したりして
商売をしなければ
ならないんだろうなと。
 
 
 
 
 
色々、考えさせられたなぁ。
 
 
 

 

 

————————————–

 

 

【札幌大通駅エリア 
 シティホテル3選】

 

リーズナブルで
居心地良いホテルを
ご紹介します!

 

「グランドホテル札幌」
「リッチモンドホテル札幌大通」
「ラ・ジェント・ステイ札幌大通」

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss