日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

TOKIOの謝罪会見に見る、「間違った」スタッフ教育。

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

昨日、昼食を取った
店のテレビでTOKIOの
謝罪会見を見ました。

 

 

男性目線で見ても
TOKIOのワイルドさは
格好いいですし、

 

悪い印象を持ってる人って
あんまりいないんじゃないですかね。

 

 

メンバーの悲痛な面持ちに
何とも言えない気持ちに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うか、この会見、
そもそも何なんでしょうね?

 

 

本人ならまだしも
他のメンバーまで
謝る必要ってあるんだろうか。

 

 

日本人は、

 

「連帯責任」だの
「管理責任」だの

とにかく周りに責任を
負わせるのが好きですが、

 

僕はこの考え方が大嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもが何かやれば親の責任。

 

生徒が何かやれば教師の責任。

 

社員が何かやれば社長の責任。

 

 

当たり前のように
言われてますが、

ホントにそうですかね?

 

 

 

 

 

 

僕は12年間教育業界に居て
5,000人以上の子どもに
指導をしてきましたけども、

 

子どもって
大人が思っている以上に
何でもわかってますよ。

 

 

 

 

「自分が子どもだから
どこまでなら許されるか?」

 

 

 

コレを計算したうえで
行動している子なんて
たくさんいます。

 

 

 

もちろん、成長の早さは
人それぞれなので
ひとくくりにするのは
難しいところですが、

 

高校生くらいになったら
もう判断能力は十分。

 

 

 

自分でやったことの責任は
自分で取らせればいいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも周りが
守ってあげようとするから、

 

責任感の無い人間になる。

 

 

 

 

子どもが何かやらかしたって、

 

「本人の問題だから
自分には関係ない!」

 

と親が堂々と
言っちゃうくらいで
構わないと僕は思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がやったことの責任は
全て本人に取らせて、
その重さを理解させる。

 

 

そのうえで
再チャレンジの機会を
ちゃんと与えてあげればいい。

 

 

 

どうも日本の考え方は
周りの責任にしまくってさらに、

 

「一度失敗した者を許さない」

 

ように見えますね。

 

 

 

 

 

だから、責任感も
チャレンジ精神も無い、

事なかれ主義のつまらん奴が
大量生産されているじゃないかと。

 

 

 

謎の連帯責任会見を
全国ネットで放送し続ける
メディアは異常だと
感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、僕は会社でも
あんまりスタッフをかばいません。

 

自分でやったミスの責任は
自分で取るべきだと思ってます。

 

 

 

なぜか、

 

「スタッフの責任を
全て背負ってあげる上司」

 

がカッコいいとされてますが、

 

それはスタッフを
見下してるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「守ってあげなきゃならない」

 

対象だと思っているから、
責任を負わせないんですよ。

 

 

 

 

僕は、自分のスタッフは
僕よりよっぽどしっかりしているし、

 

責任のある仕事を任せても
大丈夫な人達だと思っています。

 

 

 

 

 

だから、当然のことながら
何か失敗をすれば
その責任は負ってもらいますし、

 

次に同じ失敗をしないよう
最大限のサポートをしつつ
再チャレンジしてもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「社長が守ってくれない…」

 

と思うからこそ
スタッフが成長するという
側面もあるってことです。

 

 

 

自分でやった
ミスの対処は自分でやる。

 

 

 

だからこそ、

 

「二度とこんなことをしたくない…」

 

と切に思うので
成長をしていくんです。

 

ミスをかばってあげる上司は
成長のチャンスを奪ってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが僕なりの
信頼の見せ方ですから、

 

人間関係が破綻している
訳でもありません。

 

 

うちよりもスタッフとの
仲が良い会社って
あんまりないと思いますもん。

 

 

 

そんなに肩肘張って
スタッフを守らなくても、

社長の仕事は成立しますって。

 

 

 

 

 

社長とスタッフは
役割が違うだけで対等です。

 

 

勘違いして
変にスタッフを守っていることが
会社が発展しない
原因かもしれませんよ。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss