日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

スタッフに嫌われていると感じる方へ

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

年末という事で
久々に実家に戻りました。

 

(この記事は2017年末に書いてます)

 

 

 

 

うちはとにかく
母がよくしゃべります。

 

 

 

ボリュームの調整機能が
ついていないので、

 

近距離なのに
異常な声量でずーっと
絶え間なくしゃべってますね。

 

 

 

いまだに実家にいると
グッタリします(笑)。

 

 

 

 

このコミュニケーション、
家族なんで
まだ成立してますが、

 

会社でやっていたら
まずいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営者のお悩みを聞いていると、

 

ビジネス書にもっと
スタッフと会話をしましょうと
書いてたんですよ。

 

で、コミュニケーションを
取ろうと思ったんだけど、
話しかけると嫌な顔をされて…

 

なんて話をよく聞きます。

 

 

これは完全に
うちの母状態になってますよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフとの会話量を
増やそうとするのは
非常によい心がけです。

 

コミュニケーションは
本当に重要。

 

 

 

ですが、「会話」って
双方向のコミュニケーションなので、

 

「相手の時間を奪う」行為でも
あることを忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフだって仕事をしに
会社に来ている訳ですから、
当然、業務が立て込んで
忙しいことだってありますよ。

 

そこに、ビジネス書を読んで、
スタッフとのコミュニケーションに
燃え上がった社長が現れ
やたらと話しかけてくる(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

「いや、仕事したいんだけど…」

 

と内心思っているスタッフは
迷惑そうな顔をしますよね。

 

 

 

 

 

 

 

それを見た社長は

 

「せっかく話しかけているのに…」


と思って不機嫌になり、
逆に関係が悪化する。

 

 

コレ、あるあるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的にスタッフは
社長の長い話を嫌がります。

 

 

「一回捕まると
時間を割かれてしまう…」

 

 

なんてイメージを持たれたら、
話しかける隙すら
与えてくれなくなりますよ。

 

 

経営者はもっと
スタッフの時間を奪う事に
敏感にならなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフだって
常に話しかけてほしくない
訳ではないんですよ。

 

 

困っている時は
助け舟を出して欲しいですし、

 

疲れている時には
労って欲しいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

要は

 

「スタッフが
話したい時に話しかける」

 

のではなく、

 

 

「上司が自分の話したい
タイミングで話しかける」

 

ことが問題なんですよ。

 

 

 

 

 

 

つまり、
コミュニケーションの第一歩は
「話すこと」ではなく「見ること」

 

 

スタッフの状態を
よく観察してあげて、
話しかけるタイミングを
考えることが大切なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのタイミングがなかなか無い時は、
相手の時間を奪う「話す」ではなく、
「声をかける」という行動にしましょう。

 

 

 

「声をかける」だけなら
時間を奪われることはないので、

 

スタッフも不快な
気持ちにはなりませんし、

 

「ちゃんと見てくれてるんだな」

 

という安心感を与えられます。

 

 

 

 

その安心感があれば、

スタッフはもっと感情を表に
出してくれるようになりますので、

 

「話しかける」タイミングを
つかみやすくなるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今年はもっとスタッフとの
コミュニケーションを増やしたい!」

 

と思っている方は、

 

 

「見る」「声をかける」「話しかける」

 

 

という段階を
使い分けるようにすることを
オススメします!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss