日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

このチェックポイントが無いとマズい。

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

明日と来週の
二日間でおこなわれる
野球の大会がありまして、

 

その調整のため
バッティングセンターに
今日も行ってきました。

 

 

 

昨年は、優勝したので

まずは優勝カップを返還し、

 

二連覇を賭けて出場。

 

 

 

飲みに行く回数が減った分、

 

バットを振る回数が
増えてますね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

「打撃は水物」とは
よく言ったもので、

 

 

昨日まで
絶好調だったのに

 

次の日になると

さっぱり打てない
なんてあるあるです。

 

 

 

 

ですが、

 

打てない時には
その理由が必ずあります。

 

 

 

 

で、僕は長年の経験から

悪い部分を修正するための
チェックポイントを
いくつか持っているんですよね。

 

 

それに沿って、

 

腕の位置や
足の使い方なんかを
確認していくと、

 

悪い部分がすぐ見つかる。

 

 

 

そして、

 

試合の前日に練習して
その微調整をしてあげると、

 

良い結果の出る確率が
グッと上がるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

逆に、その調整を
早い段階でしておかないと、

 

悪い部分が
どんどん増えていくので
修正にも時間がかかります。

 

 

 

ですから、

 

シーズン中は
必ず週に一回は
バッティングセンターで
微調整をする訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営のチェックポイントとは?

 

 

 

 

さて、いつものパターンで
ここから経営の話に行きます(笑)。

 

(スポーツと経営って
似ている部分が多いんですよ)

 

 

 

経営も今の話と同じで、

 

定期的な修正を加えないと
形が大きく崩れるんです。

 

 

 

 

 

 

 

一番よくあるのは、

 

コンサルティングを
させて頂いている期間は、

 

 

将来に向けての
仕込みの時間と、

 

目先の売上を作る時間が
バランスよく取れていたのに、

 

 

 

 

数ヶ月コンサルティングを
しなかっただけで、

 

以前と同じように
目先の仕事だけで
一日が終わっていくという

 

よろしくない形の経営に
戻ってしまうパターン。

 

 

 

 

 

 

 

月に一回の
面談をしている人でさえ、

 

一か月の間に
目線がブレてしまったり、

 

やるべきことを
忘れてしまったりするのが
人間の性質なのに、

 

 

 

そういったチェックが
全く入らない状態で
日々を過ごしていると、

 

どんどん経営の形が
崩れていくんですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、

 

打撃を修正する
チェックポイントを持つように、

 

経営を修正するための
チェックポイントを
持っておくといいんですよ。

 

 

 

例えば、

 

「経営について考える
第二領域の時間を
1日1時間設けているか?」とか、

 

 

「○○の数字が
目標値をクリアしているか?」

 

といった感じ。

 

 

 

 

 

 

 

この時、注意すべきは、

 

「売上が○○円以上か?」

 

といった
チェックポイントでは
あまり効果がないということ。

 

 

 

 

売上には種類があって、

 

将来につながらない

安定性の低い売上で
目標を達成したところで、

 

会社の経営基盤の成長には
つながっていません。

 

 

 

 

 

 

 

また、売上は
偶然上がることもあれば
偶然下がることもあります。

 

 

一つの目標として
設定しておくのは
悪いことではありませんが、

 

たまたま目標を
クリアしてしまうことあれば、

 

良い動きをしていても
目標に達しないこともあるので、

 

 

チェックポイントとしては
適当ではないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それよりも、

 

最初に挙げた
取るべき時間を
確保するということや、

 

 

対応したお客さんの
何%から契約を
獲得できたかといった、

 

 

偶然によって
左右されにくい数字を
チェックポイントにした方が
いいんですね。

 

 

 

 

 

 

つい先日行ってきたので
整骨院を例にすると、

 

 

「今月はお客さんが何人来たか」

 

という偶然に左右される
数字を目標にするのではなく、

 

 

 

「新規客の何%に
回数券を買ってもらえたか」

 

「何%のお客さんが
リピートをしたか」

 

といった

 

『仕組み』ができていれば
数字が安定することを
チェックポイントにするイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この数字が下がると、

 

会社の仕組みが
うまくまわっていないことが
わかりますので、

 

修正することで
安定した売上をキープできるんです。

 

 

 

 

こういった自分なりの
チェックポイントを
必ず持っておきましょうね。

 

 

 

———————————

 

【イチダイジ on Youtube NO.29】

 

特化とは捨てること。
価格競争から抜け出せ!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss