日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

価格の設定、それで大丈夫??

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

今日は日報コンサルティングの
クライアントとの面談日でした。

 

 

価格の設定についての
打ち合わせが本日はメイン。

 

 

この方、コンサルを
始めたばかりの時は、

 

「周りにいる同業者と
同じくらいの価格水準で…」

 

という、よくある
間違った考え方を
してしまっていたんですが、

そこはとっくに乗り越えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の過去ブログを
読んでいない方のために
カンタンに話をすると、

 

喫茶店でコーヒーを頼むと
だいたい500円前後ですが、

 

リッツカールトンのラウンジで
コーヒーを飲むと
2,000円はするんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

一般的な感覚だと
同じコーヒーを飲むのなら、
金額が4分の1で済む
カフェを利用しますよね?

 

 

 

ところが、なぜ同じような
商品を高価格で提供しているのに
リッツカールトンを利用する方が
たくさんいるのかと言うと、

 

売っているモノが
違うからなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

リッツカールトンが
売っているのは
コーヒーではなく、

 

ラウンジで過ごす上質な時間や
そこを利用するという
ステータスなんです。

 

 

 

 

 

ですから、金額が高い方が、
利用者を贅沢な時間を
過ごしている気にさせられます。

 

 

別にコーヒーが他店の
4倍美味しい訳じゃなくても、

売っているモノが違うので
価格の水準が違っていいんですね。

 

 

 

 

 

 

この理屈を理解できると、

同業者の価格なんて
全く気にする必要がなくなります。

 

(もちろん、同じモノを
高値で売っていてはダメですよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、応用編として
「価格を安く見せる工夫」は
するに越したことはありません。

 

 

 

 

この時、参考にすべきは
テレビショッピングです。

 

 

番組を見せるだけで
買いたい人が殺到する。

 

 

 

 

 

この仕組みって
たいしたもんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何を売るのか?」すら
きちんと決めずに、

 

いきなり安く見せる
テクニックに走るのは
問題がありますが、

 

たっぷりとお金をかけた
大手の広告戦略から
学ぶことはたくさんあります。

 

 

 

 

 

例えば、

「ジャパネットたかた」だと

 

散々、商品の良さを
煽りまくってから、

 

「すごく安くしましたよー」

 

と言って、59,800円を
提示する訳ですよ。

 

 

 

そして、

「この価格はおトクです!!」

と何度も伝え、

 

これを基準として
視聴者に叩き込むんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

「○台発売記念キャンペーン!」

 

みたいな名目で1万円下げ、

49,800円にしてはしゃぐ。

 

 

 

 

 

さらに、

 

「下取りキャンペーン!」

 

とまくしたて、もう1万円下げ、

39,800円にして騒ぐ。

 

 

 

 

 

 

最後に、

 

「○○セットも1万円分つけます!」

 

とあまり関係ないものも
抱き合わせ(笑)、

実質29,800円だと叫ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

59,800円を基準値とし
買おうかどうか迷っていた人は

 

「実質29,800円なんて安すぎる…」

 

と思ってしまうので
ついつい購入してしまう、

 

という流れなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際は、39,800円で
売るつもりの物を
最初は高めに提示して、

 

安く見えるように
仕掛けをしているだけ。

 

 

 

 

 

ですが、それを知りつつも、

 

「やっぱり欲しい…」

 

と思ってしまうのが、
テレビショッピングの魔力。

 

 

 

 

 

経営者であれば、

 

このように
自分が買いたいと
思ってしまったものに
アンテナを張って、

 

そのシステムを
しっかり勉強すべきなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にお話した

 

「何を売るのか?」

 

の定義づけをして
正しく価格を設定するのも、

 

 

 

「どうすれば買いたくなるのか?」

 

を真剣に考えて
購買意欲をそそる
見せ方を考えるのも、

 

どちらも非常に大事なことです。

 

 

 

 

 

 

ですが、価格設定に
あまり意識を置かず、

 

ずーっと理由もなく
同じ価格で商売してる人って
たくさんいるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、

 

そこにちょっと
テコ入れをするだけで
収益は大きく変わるかもしれません。

 

 

見直してみてください!!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss