日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

スタッフさんを変える方法。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は顧問先の
幹部スタッフさんと
二人で飲みに行きました。

 

 

 

もちろん
基本は遊びではなく、

 

スタッフさんへの
指導の一環なんですが、

 

 

ワーワー言ったところで
人がカンタンに
変わる訳ではないので(笑)、

 

自然と相手の話を
聞く時間の方が
長くなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、僕が自分で
必要と感じたので、

 

二人で話してみようと
思ったんですが、

 

大抵の場合は
社長さんからの
オーダーがあります。

 

 

 

「会社のことを優先的に考えて
動けるようになって欲しい」

 

「広い視野を持って欲しい」

 

「自分の言動の影響力を
理解してふるまって欲しい」

 

などなど、

 

当然ながら
社長さんにはなって欲しい
スタッフさんの理想像がある訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、コンサルタントに対しては、

 

そういう人材に
育てて欲しいという
要望があがってくるんですが、

 

最初に言った通り
説得したところで
相手は変わらないんですよね。

 

 

 

 

うまく誘導して
相手をその気にさせるように
まるめこむ(笑)

 

ことだったら
いくらでもできるんですが、

 

それをやっても
一時的にやる気が出るだけで
すぐ元に戻るんですよ。

 

 

 

 

 

人から与えられた
モチベーションって
長続きしないので、

 

自分の中から
やりたいという動機が
出てくるように
しなきゃなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、僕は
説得をするのではなく、

 

状況を「整理」することを
イメージとしては心がけてます。

 

 

 

 

例えば、自分のことばかりで
会社や周りのことを考えられない
スタッフさんが居たとして、

 

それがいかに
間違っているかや
取るべき行動を語っても
あんまり効果はありません。

 

 

 

 

 

 

そうするよりも、

 

スタッフさんには必ず
スタッフさんなりの
言い分があるので、

 

まずはそれを
きちんと聞いてあげる。

 

 

 

 

その後、共感はしつつも
誰にも肩入れしない
中立の立ち位置で、

 

「社長のこういう考え方に
こういう理由で納得が
いかなかったんですね?」

 

「こういう主張がしたくて
今回の行動を取ったんですね?」

 

と、事実だけを
確認しながら話を引き出す。

 

 

(尋問っぽくなっちゃダメですが)

 

 

 

その内容を責める訳でも
肯定する訳でもなく、

 

とにかく話を
しっかりと聞くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、自分の行動を
客観的に振り返ることになるので、

 

「あれ、自分の行動って
良くなかったのかも?」

 

と、段々と自分で
気付き始めるんですよ。

 

 

 

 

で、事実だけを
照らし合わせると、

 

スタッフさん側に
非があるような話でも
僕がそれを
全く否定しないでいると、

 

「こういう部分は
良くなかったと思います」

 

と、自分から
悪い部分を認めるような
発言をしてくれることが
ほとんどです。

 

 

 

 

 

そうやって
自発的な発言のみで、

 

次の動きを
引き出すことができると
行動の変化が一過性で
終わらないことが多いんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか人って
劇的に変わるものではないので、

 

少々時間がかかっても

自分の中から
生まれるものを
探してあげるべきかなと。

 

 

 

 

上司と部下の関係性だと
なかなかフラットな
関係性は作りにくいので、

 

関係性が良い意味で薄い
外部の人間を活用するのは
非常に有効ですよ!

 

 

 

 

———————————-

 

『イチダイジ on Youtube NO.11』

 

行動の優先順位を間違えると
やがて会社は潰れる!

 

 

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss