日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

松屋の値下げに不満がある人達。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

松屋が牛めしの
価格を引き上げることが
ニュースになってました。

 

 

現在、320円の並盛を
380円に上げるんだそうです。

 

 

 

 

 

 

・・・安っ!

 

 

 

松屋は近所に無いので、

 

二年くらい
行ってない気がしますが、

 

未だに
320円だったんですね。

 

 

 

 

 

牛丼チェーンの中では
「すき家」が
個人的に好きでしたが、

 

「ネギキムチ牛丼」が
無くなってから
行かなくなったなぁ・・・

 

 

アレは
マジで美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、松屋の
値上げに対する
ネットの反応ですが、

 

 

クソコメが集まることで
有名なヤフーニュースでも(笑)

 

「仕方ないですよね」

 

という声が多数で、

 

 

「値上げするなら

もう行かねえよ!」

 

みたいなコメントは
一部だった気がします。

 

 

 

 

 

まあ、そりゃそうですよ。

 

 

先進国とは思えない
安さですもん。

 

 

 

 

 

 

ただですね・・・

 

 

「仕方ないよね」
理解を示している人と、

 

 

「値上げしやがって…」
怒っている人の

 

どちらが松屋の
ヘビーユーザーかと言うと、

 

 

間違いなく
後者なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ないよねと
あっさり言える人は、

 

 

そもそも松屋を
そこまで利用してないか、

 

ある程度の
経済力があって
世の中の仕組みを
わかっている人ですよね。

 

 

 

 

 

 

しかし、失礼ながら
松屋のヘビーユーザーは、

 

大部分が
低所得層のはず。

 

 

 

 

コレは別に
馬鹿にしているのではなく、

 

低価格の商品を
販売している会社の
ターゲットには、

 

確実に低所得層が
含まれているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その多くは
商材を何で選ぶかと言うと、

 

「価格」で選びます。

 

 

 

 

使えるお金が
限られている訳ですから、

 

安い商材を
選ぶのは当然のこと。

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと、

 

この人達って
めちゃめちゃ浮気します。

 

 

 

商材の質や
築いてきた関係性ではなく
価格を最優先しますから、

 

ずっと通っていた店よりも
金額の安い店があったら、

 

すぐにそちらに
乗り換えてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その浮気相手から

お客さんを取り戻す方法は
一つしかありません。

 

「さらなる値下げ」です。

 

 

 

 

 

「価格は据え置きで
商材のクオリティを上げよう…」

 

なんてことは通用しません。

 

 

 

だって、
価格で選ぶんですから。

 

 

 

 

 

 

そうやって
お互いに値下げ合戦を
続けた結果、

 

未だに牛丼は
300円台という
先進国とは思えない水準の
価格なんですよ。

 

 

(今回の値上げも
原材料費の高騰に
よるものですから、

 

値上げしたからと言って
松屋の利益が増える訳でも
ないんだろうな…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値下げって、

 

商材を買ってもらうための
一番「楽」な手段なんですよ。

 

 

 

 

誰だって
同じ商材だったら、

 

金額が安い方が
嬉しいんですから。

 

 

 

 

 

ただ、小規模企業が
ここに手を出したら、

 

地獄が待ってます。

 

 

 

 

 

競争に勝つためには
値下げをするしかないので、

 

いつまで経っても
利益は出ません。

 

 

(大企業の
スケールメリットがあれば、

 

まだどうにか
やり方はあるんでしょうが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうならないように
するためには、

 

 

「価格」ではなく、

 

「質」や「人」で
商材を選ぶお客さんを
ターゲットにすること。

 

 

 

 

 

価格の安さに
飛びついてきた人達を、

 

質や人で選ぶように
教育するってのは
そうカンタンではありません。

 

 

 

 

ホットペッパーに

初回だけ安くなる
クーポンを出したところで、

 

安さに釣られて来た人は
定価になる二回目は
来てくれませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

では、どうすれば
価格の安くない商材でも
選んでもらえるようになるのか?

 

 

ココを考えるのが

「経営」と
言っていいと思います。

 

 

 

 

 

安易な値下げに
寄ってくるお客さんは
すぐに浮気する人ですから、

 

獲得はカンタンですが
いなくなるのも一瞬。

 

 

 

ココに
逃げないように
しなきゃなりませんね・・・。

 

 

 

 

 

————————————–

 

 

【だーちー漢旅 札幌芸術の森編】

 

キース・ヘリング展に突入!
和のスイーツセットが過去最高のクオリティ・・・

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss