日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

強みが無くても「ブランド化」はできる。

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は、

 

SNSでの発信を
積極的にしている
農家の方とお話をする機会が。

 

 

 

 

農家でそういった
動きをしている方は
少なかったので、

 

昨年はそれで
通販での売上が
一気に伸びたそうなんですが、

 

 

 

 

コロナをきっかけに
どこの農家も通販に
力を入れ始め、

 

今は泥沼の価格競争に
突入しているとのことでした…。

 

 

 

 

 

 

その方は
価格競争には付き合わず、

 

自社のブランド化を
進める方向で
考えてらっしゃったので
賢いなぁと思いましたが、

 

 

経営が圧迫されている
農家さんも多いんでしょうね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はその時は
コンサルタントとして
行った訳ではなかったので、

 

アドバイス的なことは
一切しませんでした。

 

 

聞かれてもいないのに
教えようとするって、

イタいですからね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

この状態を脱する方法は
いくつもあると思いますが、

 

個人的には
価格競争に付き合うのだけは
絶対にNGだと思います。

 

 

 

 

もちろん、

 

薄利多売をした奥で
利益を得られるような
「仕掛け」があるなら
話は別ですが、

 

 

 

「安くしないと売れない!」

 

という理由で
値下げを始めたら

 

地獄しか待ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「でも、安くしないと
売れないんですよ!」

 

とおっしゃる方は、

 

 

根本的に
勘違いをしています。

 

 

 

 

 

「1円でも安いモノを買いたい」

 

という人を
ターゲットにしているから、

 

安くしないと売れないだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

通販で買えば
5,000円のシャンパンも、

 

キャバクラで頼んだら
10倍以上する訳ですよ(笑)。

 

 

 

 

それでも
喜んで買う人が
世の中には大勢います。

 

 

 

 

 

「安さ」に
価値を感じない人を
ターゲットにすれば、

 

価格競争に
付き合う必要はないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、何に価値を
感じてもらえばいいのか??

 

 

 

先ほどの農家の例で
商品に付加価値を
つけるとなると、

 

「ブランド化」

 

というのが
イメージしやすいですよね。

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

 

多くの方が
ブランド化って

 

「高品質なモノを作る」

 

ことだと
勘違いをしています。

 

 

 

 

 

 

その理論でいくと、

 

高品質な商品を
作ることのできない農家は
付加価値をつけることが

できなくなるじゃないですか。

 

 

 

そんなことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考え方として
わかりやすい例を挙げると、

 

 

日が出る前に起きて
ひたすら農作業をする様子を

 

YouTubeなどで
毎日延々と
ライブ配信したとします。

 

 

 

 

 

 

早い時間から
農作業をしている農家さんって
珍しくないかもしれませんが、

 

一般の人は
その光景を見ることって
ありませんよね?

 

 

 

 

 

ですから、

 

YouTubeを開く度に
農作業を頑張っている姿が
ずっと流れ続けていたとしたら、

 

 

 

それが農家としては
当たり前のことで、

 

特別すごい野菜や
美味しい野菜を
作っていないとしても、

 

 

「この農家すげー!」

 

と、素人は感じる訳ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頑張っている姿を
少しでも応援したいと
思った人は、

 

値段が高くても
野菜を買うでしょうし、

 

 

 

 

「こんなに
手がかかっているなら
きっと安全だよね」

 

と思った方なんかも
その野菜を選んでくれるはず。

 

 

 

 

 

 

 

農家視点だと

 

「いや、どこも
同じような感じなのに……」

 

と、何に価値があるのか
ピンとこないと思いますが、

 

 

 

実際に作っている様子を
何日間も見続けたとしたら、

 

その人にとって
そこは「特別な農家」に
変わっているんですよ。

 

 

 

 

コレだって、

 

立派なブランド化です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業他社と比較して、

 

 

何か優れた部分がないと
高く売ることができないとか、

 

ブランド化が
できないという
ことはないので、

 

 

 

『何に価値を感じてもらうか?』

 

 

を、考えることが
大事ですね!

 

 

 

 

————————————–

 

 

 

【高層階での
スパとディナーは至高の時間】

 

 

札幌駅直結!

 

滞在には
ここを選べば間違いない!

 

「JRタワーホテル日航札幌」

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss