日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

タイトル長すぎでしょ・・・。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

「若者の黒魔法離れが深刻ですが、
就職してみたら待遇いいし、
社長も使い魔もかわいくて最高です!」

 

 

 

 

・・・なんだコレ。

 

 

 

 

 

 

最初に見た時は
何が何だかさっぱり
わからなかったんですが、

 

どうやら
「小説のタイトル」
らしいんですよ。

 

 

 

 

ファンの方がいたら
申し訳ないんですが、

 

率直に言って
ものすごく気持ち悪いと
思ってしまいました(笑)。

 

長すぎるでしょ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、気になって調べたところ、

 

「ライトノベル」という
ジャンルの作品では
タイトルが長いのが
当たり前なんですって。

 

 

 

 

 

「そもそもライトノベルって何?」

 

と思ったのでコレも調べると、

 

 

「アニメや漫画が好きな
若い世代をターゲットにした小説」

 

とのこと。明確な定義は不明。

 

 

 

 

 

「涼宮ハルヒの憂鬱」

 

という作品が
ライトノベルの代表作らしいです。

 

 

確かに、名前は知ってる…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「突然、何の話をしてるの?」

 

とパニックになっている方も

いらっしゃると思うので
解説をすると、

 

「タイトル」って
コンサル目線だと
すごく気になるモノなんですよ。

 

 

 

 

 

ホームページにしても
チラシにしても
メルマガやブログにしても、

 

タイトルの良し悪しで
人に読まれるかどうかが
決まってきます。

 

 

 

当然のことながら、

 

出版社もそのことは
重々承知しているので
(むしろ、そのプロですよ)、

 

この異様に長いタイトルにも
間違いなく意味があるはずなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、さらに調べてみて
わかったことなんですが、

 

ライトノベルを好んで読む層は
他の小説も幅広く
読んでいる訳ではなく、

 

『ライトノベルばかりを
読んでいる人の割合が多い』

 

 

 

 

 

そして、ライトノベルは
ジャンルごとの流行り廃りが
非常に激しいらしく、

 

『流行っている
ジャンルの作品のみが
次から次へと
出版される傾向にある』

 

 

 

 

 

 

つまり
ライトノベルのファンは、

 

「ライトノベルの
流行っているジャンルの中から
好みの作品を探す」

 

という調べ方をしている人が
多いということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であれば、タイトルを見て

「どんな作品なんだろう?」

と内容を調べるよりも、

 

 

 

『タイトル自体が
内容の説明になっている』

 

作品の方が
選んでもらえる確率が
上がるということなんですよ。

 

 

 

 

 

一般的な感覚だと、

 

こんな長いよくわからん
タイトルの作品は
その時点で却下ですが、

 

ライトノベルの世界では
それが珍しくないので
読者は特に嫌悪感を抱かない。

 

 

 

 

 

それが、

この長文タイトルに
つながっているんだろうと
僕の中ではしっくりきました。

 

 

こんなにも真剣に
検証する話なのかは
わからないんですが(笑)、

 

そのくらい「タイトル」は
重要度が高いものなんだと
思ってもらえれば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは小説に限った話ではなく、

 

 

例えば、セブンイレブンで
売られているお菓子の名前は、

 

「お米でできたやさしい食感の
ふんわり揚げ えび味」

 

「枝豆のおいしさが
楽しめる枝豆チップス」

 

など、中味のPRが
そのまま商品名になっています。

 

 

 

 

既成概念にとらわれない
タイトルをつけられれば、

 

それだけで
商品やサービスの売上は
大きく変わるかもしれません。

 

 

 

常にアンテナを
張ってくださいね!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss