日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

家電量販店の悲哀。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日はビックカメラに
新居で使う家電を
買いに行ったんですが、

 

最初の印象は

「面倒くさっ」でした。

 

 

 

 

 

 

全部ではないんですが、

 

 

結構な数の家電が
価格の数字に
横線が入っていて、

 

「価格はご相談ください」

 

と書き足されていたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「えっ、価格交渉とか
しなきゃならんの??」

 

と、この時点で
憂鬱な気分に(笑)。

 

 

 

 

ご相談くださいと
書いてある時点で
値引きの余地があるのは
確定ですし、

 

安くなるとわかっていて
交渉をしないのは
さすがにモッタイナイ。

 

 

 

 

 

ですが、知らん人と

 

「どのくらい下がるんですか?」

 

みたいな駆け引きを
全くやりたくない(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

割高で買うのも嫌だし、

 

交渉するのも嫌。

 

 

 

 

そりゃネットで
買う人が増えるわ……

 

というのが
率直な感想でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やらざるを得ないのかな・・・

 

 

 

ですが・・・

 

まあ、しょうがないのかな。

 

 

 

 

 

家電量販店を
現物を見る
展示場として使って、

 

購入はネットから……

 

 

 

という方が
たくさんいるでしょうから、

 

お客さんと
会話をした方が
その場で買ってもらえる
確率は上がりますもんね。

 

 

 

 

 

 

で、会話の
とっかかりとして、

 

「値段交渉」という
札が一枚あった方が、

 

コミュニケーションを
取りやすくなるのかなと。

 

 

 

 

 

 

僕みたいに
店員と関わりたくない
タイプの人は、

 

ネットで購入する
確率が高いでしょうから、

 

そういうお客さんは
思い切って切り捨てて
いるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて思いつつ、

 

結局、家電は
購入したんですが、

 

 

 

そこから全く関係無い
携帯電話に関する
アンケートを急に書かされ、

 

「○○と契約すると・・・」

 

という営業を
ガッチリかけられることに。

 

 

 

 

面倒くさいなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが終わると、

 

今度は
ウォーターサーバーの
営業がスタート(笑)。

 

 

 

 

「時間が無い」と
伝えているのに、

 

 

「すぐ終わりますんで…」

 

を連呼されて
続く営業は地獄。

 

 

 

 

 

 

 

 

家電自体は
どこでも同じものが
買えますから、

 

価格競争必至ですもんね。

 

 

 

 

となると、

 

利幅を小さく
せざるを得ないので、

 

 

こういった
プラスアルファの
商材をセット販売して、

 

利益を確保する
戦法なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

気持ちはよくわかります。

 

 

僕は二度と
行きませんが(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、このタイプの
物販はホントしんどいですね。

 

 

 

どこで買っても
商品自体は同じなので、

 

価格競争以外の
選択肢が無いですもん。

 

 

 

 

絶対にやりたくない商売。

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業の経営者は
商材に付加価値をつけて、

 

少数の質の高いお客様と
高単価で取引できる
ビジネスモデルを
目指すべきですね。

 

 

 

 

薄利多売ビジネスに
陥っている方は、

 

すぐにモデルを転換しないと
怖ろしいことになります。

 

 

 

 

 

大きい市場を
狙わざるを得ない

 

大手企業ってのも
大変ですね…。

 

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

営業マン必見!

 

相手の言葉は
「表面的な欲求」でしかない!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss