日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

動画で早口のしゃべりをするポイント。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

自分のビジネスに
動画を取り入れる人が
増えてきたからか、

 

動画を撮る際の
しゃべり方について

質問されることが
最近多いですね。

 

 

 

 

特にビジネス系の場合、

 

YouTubeで
動画を見るのは、

 

短い時間で
多くの情報を得たいと
考えている方が多いため、

 

 

通常よりも
スピードを上げて
しゃべるのが基本。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それがうまくできず、

 

困っている人も
多いようです。

 

 

 

 

で、

 

「どうしたらいいでしょう?」

 

と聞かれたものの、

 

 

うまく答えられたか
ちょっと怪しかったので(笑)、

 

 

ダラダラ文章を書きながら
考えを整理していこうかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くしゃべれない原因。

 

 

 

 

まず、早口で
しゃべることができないのは、

 

 

「単に口がまわらない」

 

「考えるスピードが
追い付かない」かのどちらか。

 

 

 

 

 

口がまわらないという
滑舌の問題に関しては、

 

アナウンサーの
トレーニングか何かを
ググって頂ければ良いかと(笑)。

 

 

 

 

まあ、こちらが
原因という方は、

 

体感的には
あまり多くない気がします。

 

 

 

 

 

おそらく

 

「こんなに早く
しゃべってしまうと、

 

次に何を話せばいいか
考えるのが追いつかない…」

 

という人の方が
多いんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

複数の同時処理を!

 

 

 

 

では、これをどうやって
克服すればいいかですが、

 

日常会話の際に
自分に「負荷」をかけるべき。

 

 

 

 

普段から
自分のペースで考えて、

 

自分のペースで
しゃべっているから、

 

変化への対応力が
弱いんです。

 

 

 

 

 

結局のところ、

 

「しゃべりながら
次にしゃべることを考える」

 

という複数のことを
同時に進行する能力が
必要になりますから、

 

日頃から意識して
この能力を伸ばすしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、方法は
何でもいいんですよ。

 

 

僕が普段
やっていることだと、

 

「相手が次に話すことの予測」

 

を、常にしてますね。

 

 

 

 

そんなん
誰でもやっていると
思うかもしれませんが、

 

 

自分でしゃべりながら

 

「相手がAの反応だったら
○○と返して、

 

相手がBの反応だったら
△△と返して、

 

相手がCの反応だったら…」

 

というパターンまで
常に想定をしています。

 

 

 

 

 

 

 

当然、例えば
Aの反応だった場合は、

 

 

そこからさらに

 

「Dだったら…Eだったら…」

 

と分岐していきますから、

 

 

イメージとしては
将棋のように

 

何手も先を読みながら
話をしている感じ。

 

 

 

 

 

 

その読みに
集中し過ぎると、

 

うわの空に見えたり
会話のテンポが
悪くなったりするので、

 

相手の話は
真剣に聞きつつというのが
大前提。

 

 

 

 

こういった取り組みの
積み重ねで、

 

複数のことを同時に
処理できるようになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ち良くしゃべるな!

 

 

 

他には、

 

話のテンポを
自分で意図して
コントロールするという
方法も良いですね。

 

 

 

話を盛り上げたいところは
テンポを上げたり、

 

印象を残したい部分は
テンポを落としたりと、

 

自分が話しやすい
テンポでしゃべるのではなく、

 

 

状況に合わせて
適切なしゃべり方を
常に意識するということです。

 

 

 

 

 

 

 

要は、先ほども言ったように
複数のことを同時にできるよう
脳に負荷をかけることを
習慣にしておけば、

 

早口でしゃべっても
頭の回転が追いつくように
なりますので、

 

 

「楽な会話をしないこと」ですね。

 

 

 

 

 

 

それで人生が
つまらなくなっても、

 

クレームは
入れないでください(笑)。

 

 

 

 

【関連動画】

 

人を惹きつける話術とは!?
意外と知らない基本をまとめました!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss