日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

講師業における「プロ」と「アマ」の差。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

今日はクライアントが
講師をされた、

 

セミナーの動画を
見ておりました。

 

 

 

セミナーを見るのは
これが二回目でしたが、

 

前回より
話がわかりやすくなっているし、

 

構成も洗練されてました。

 

 

 

 

レベルアップしていて
良い感じ。

 

 

 

 

 

 

ただ、セミナーって
バックエンドの商材が
売れないと意味が無いので、

 

そのためには
「空気」をいかに作るかが
次の課題になると感じましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーも基本は「一対一」と同じ!

 

 

 

 

今まで僕が
受講してきての体感ですが、

 

8割以上は
講師が一方的に話す
『単方向』のセミナーです。

 

 

 

「…いや、セミナーって
講師がずっと話すもんでしょ?」

 

と思った方も
いるかもしれませんが、

 

それでも受講者との
コミュニケーションは
取れるんですよ。

 

 

 

 

 

コレは受講者に
質問を投げかけて、

 

手を挙げてもらうとか
回答をしてもらうといった
レベルの低い話ではなく、

 

(僕はこういうの
絶対やりませんね)

 

 

 

「受講者の反応を読み取り、
それに合わせて
話す内容を変えていく」

 

というコミュニケーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと考えてみて
欲しいんですが、

 

 

一対一で話している相手が
あからさまにつまらなそうな
顔をしていたとしたら、

 

その状態でも
同じ話を延々と続けます??

 

 

 

 

「やばい、興味無さそう!」

 

と感じたら、
別の話をしますよね?

 

 

 

 

 

 

にも関わらず、

なぜかほとんどの講師って
受講者が死んだ目をしていても、

 

その話を予定通りに
最後まで続けるんですよ…。

 

 

 

コレがもう本当に謎。

 

セミナーだがらOKなんて
理屈は通りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

一対一でも一対多でも
コミュニケーションの基本は
一緒ですからね。

 

 

相手が興味を
持っていないのであれば、

 

話の内容や展開を
変えなきゃダメ。

 

 

 

 

 

そうやって
伝え方を工夫し、

 

相手の心を掴んだり
より理解してもらいやすい
表現に変えたりすることで、

 

受講者がノッてきて
より反応がわかりやすくなる。

 

 

 

 

 

それがわかると、

 

講師側もノッてくるので

さらにセミナーの質が
上がっていく。

 

 

 

 

 

コレが
『双方向』
セミナーなんですよ。

 

 

 

あくまで話すのは
ずっと講師なんですが、

 

受講者との
コミュニケーションを
取ることは可能なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師のしゃべりが達者でも

 

聞いていて
しんどく感じる
セミナーというのは、

 

講師が受講者を無視した
『単方向』になっていることが
ほとんど。

 

 

 

 

 

セミナーが終わった時に
受講者の顔や反応が
思い出せないようであれば、

 

単方向になっている
可能性が高いので、

 

 

 

「自分が何を話すか」よりも

「受講者の反応はどうか?」に

意識の比重を置きましょう!

 

 

 

 

 

ここがプロとアマの
差だと思いますよ。

 

 

 

———————————-

 

【関連動画】

 

これからセミナーやプレゼンをする方へ!

 

内容の良し悪しよりも、
「ツカミ」の方が重要です!!

 

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss