日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

それでも「is」って「は」じゃない。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

昨日は
M-1グランプリでしたね。

 

数ある賞レースの中でも
やはり一番面白いなぁ。

 

毎年、欠かさず見てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の決勝戦の前に

午後から
敗者復活戦の放送も
されているんですが、

 

それも
移動中に見てたんですよ。

 

 

 

 

その時に、

 

「東京ホテイソン」という
コンビの漫才が
気になっちゃいまして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容はと言うと、

 

「英語がニガテだ」という
ボケの発言に対し、

 

ツッコミが英語を
教えていくところから
スタートして、

 

 

This is a pen.(コレはペンです)

 

という王道の
教科書英語の意味を
まずは伝えます。

 

 

 

 

そこで、

 

 

Thisが「コレ」

 

isが「は」

 

a penが「ペン」

 

という意味なんだよと
教えてあげるんですが、

 

僕の思考は完全に停止しました。

 

 

 

 

・・・いや、isは「です」じゃない?

 

(あえて和訳するならですが)

 

 

 

 

 

その後を見ると、

 

確かに
isを「は」と訳さないと
成立しないネタだったので、

 

気持ちはわかるし
面白かったんですが、

 

やはりずっと
心のモヤモヤが取れず。

 

 

なんかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは漫才に
限ったことじゃないんですが、

 

人って頭の中に
疑問符が浮かぶと
脳の容量の何割かが
その処理にまわされるんですよね。

 

 

 

 

セミナー中なんかも
ちょっと難しい言葉を
使ってしまったり、

 

ややこしく感じる
説明をしてしまったりすると、

 

表情が虚ろになる方が
数名現れます(笑)。

 

 

 

こちらはもう
次の話に移っているんですが、

 

切り替えて
そっちを聞こうという
意識になれないんですよ。

 

 

 

 

「今のって
どういう意味なんだ…」

 

と自動的に
考え続けてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いアイディアが
出なかった時に
時間を置くと急に閃いたり、

 

 

聞き取れなかった
相手の言葉が、数秒遅れて

 

「あっ、○○って言ったのか」

 

と、わかったりした経験って
誰もがあると思うんですよ。

 

 

 

 

無意識ですが、

 

脳って疑問の解決を
ずっと続けているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、

 

相手の頭に
疑問符が浮かぶような
話を一つでもしてしまうと、

 

セミナーもクロージングも
うまくいかなくなります。

 

 

だって、相手が
集中してこっちの話を
聞いてないんですもん(笑)。

 

 

 

 

 

ところが、意外と
前後がうまくつながっていない
プレゼンやクロージングを
する人って多いんですよ。

 

 

 

そこがきちんと
修正できれば、

 

それだけでも
高単価な商材を
販売しやすくなるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

自分では正確に
判断できない場合も多いので、

 

「難しい言葉や専門用語を
使っていないか?」

 

「前後の話のつながりに
矛盾は無いか?」

 

「説明が回りくどくないか?」

 

といった部分も
人に見てもらうと良いですよ!

 

 

 

こういった
単価アップのコツについても、

 

セミナーではたっぷりと
話をしております!

 

 

 

 

 

 

 

——————————————

 

 

 

<「労働時間短縮」と「利益増」を
    両立する単価アップ術セミナー>

 

~着実に単価を上げる 3つのアプローチ~

 

※申込締切は2020年1月4日まで!※

 

 

 

◎会場・日時

 

<会場> 

高輪倶楽部 5F セミナールームJupiter

 

(東京都港区高輪3-25-22
 高輪カネオビル)

 

http://takanawa.club/access.html

 

 

 

 

<日時>

2020年1月17日(金)
14時~16時(13時30分開場)

 

定員10名

 

 

 

◎セミナー内容(一部抜粋)

 

コチラの動画で
詳しく解説しております

 

 

 

■ 客数を増やしても
  利益が伸びない理由

 

■ 高額商材でも
  高いと感じさせない
  心理的なアプローチとは?

 

■ 比較対象を変えて単価を上げる 
  ~同業他社と比べるのはNG~

 

■ 切り口を変えて単価を上げる 
  ~お金を使う理由を変えるだけ~

 

■ ファン化して単価を上げる 
  ~情報発信に正しいやり方~

 

■ 高利益を生む商材の作り方

 

 

 

 

◎参加費

5,500円(税込)

 

銀行振込とクレジット決済が選べます。

 

 

 

 

申込・詳細はコチラから!!

https://peraichi.com/landing_pages/view/r3ygn

 

 

 

——————————————

 

 

 

お申込、ご紹介、
どちらもお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss