日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「申し訳ない」と本気で思ってますが……

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

ここしばらく
締め切りに追われて
かなりのハードワークに
なっています。

 

 

 

スタッフに全て
任せていた部分だったんですが、

 

想像よりも進捗の管理に
ずさんな部分があって、

お客様にご迷惑を
かけてしまうこともありました…。

 

 

 

 

 

これはもう大反省。

 

申し訳ない気持ちで一杯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、このハードワークを
経験したことによって、

 

スタッフ達の口から

 

「もっとここを変えないと…」

 

「事前にコレをやっておけば…」

 

 

という言葉が
出てくるようになりました。

 

 

 

 

これは大収穫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、上から与えられた
指示に対する行動って、

 

どこかに「甘え」が出るんですよ。

 

 

 

 

 

うまくいかなかった時に、

 

「言われた通りにやっただけだし…」

 

という気持ちが
生まれてしまいますから。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、今回のように
仕事を完全に任せている状態で、

 

トラブルが起きてしまい
その対処に追われて
とても大変な経験をした。

 

 

 

 

コレはもう
誰のせいにもできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、二度と
こんなにしんどい仕事を
したくないと思うからこそ、

 

「本気」で改善の方法を
考えるようになる。

 

 

 

アドラーの心理学で言う

「結末を体験させる」

というやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門限を破った子どもを
ガミガミ叱って正すよりも、

 

「門限に遅れたら夕食は無し」
というルールを決めて、

 

帰宅が遅れた場合には叱らず、
ルール通りに食事を与えないという
「結末」だけを子どもに体験させる。

 

 

 

 

 

この方が
行動を改善しなければならないと
『自分の意思』で
思ってもらえるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、経営者って
スタッフよりも先が見えてしまうので、

 

「このままいくとマズいな…」

 

という予想ができます。

 

 

 

 

そこで、スタッフの行動に
口を出して結末を変えてしまうんですよ。

 

 

 

 

そうやって後から、

 

「俺が口を出さなかったら、
こんなマズいことが起きていたんだよ」

 

と予想できた未来を伝えても、

実はコレ全然相手に響いていません。

 

 

 

 

 

 

 

「なるほど!」と言いつつ、

 

心のどこかで
「ホントかよ?」と
思ってますからね(笑)。

 

 

自分で『体験』したこと以外は
心に深く残らないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから
すごく勇気がいりますが、

 

「スタッフに
全てを任せて失敗してもらう」

 

これを体験させるのは重要。

 

 

 

そのフォローまで
きっちりやってもらうと、

 

「こんな大変なこと二度としたくない…」

 

と本気で思いますから、
その時が成長のチャンスなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に責任を取るのは
全て社長ですから、

 

そうならないように
自分でやってしまいたい気持ちは
よくわかります。

 

 

 

 

ですが、権限を与えて
仕事を任せない限り、

スタッフは成長しません。

 

 

 

 

 

「失敗」も「そのフォロー」も
全て体験してもらって、

 

どうにもならない
トラブルが起きた時は、
自分で責任を全て負う覚悟を固めましょう。

 

 

 

 

 

 

それも社長の仕事ですよ!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss