日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

間違った「お客様のタメ」。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

昨日は、一日家にいて
デスクワークをしてました。

 

 

つまり、
時間に追われているような
状態ではありません。

 

 

 

 

 

 

ですが、数件来た
仕事がらみの連絡は
全て無視しました。

 

 

疲れが溜まってましたし、
メンタル的にも
リフレッシュしたかったので、

 

外部と仕事の連絡は
取らない日と決めていたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とコレが
できない人が多いんですよ。

 

 

「お客様のために仕事をする」

 

ことと、

 

 

 

「お客様の都合に合わせて仕事をする」

 

ことを勘違いしてませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がコンサルティングを行う際に

一番最初にすることは
だいたい誰が相手でも同じで、

 

 

「経営者の時間を確保する」

 

この方法を考えます。

 

 

 

 

 

暇な経営者なんて
そうそういませんからね。

 

 

 

コンサルティング後は
毎日の業務に加えて、

 

新しいことに
取り組んでもらうことに
なりますから、

 

忙しいながらも
時間を見つけなければ
ならないんです。

 

 

 

 

 

 

 

多くの場合、

時間を確保する方法は
「時間の使い方を変える」こと。

 

 

そして、
「お客様の都合に合わせた
時間の使い方を止める」ことが
その特効薬になるケースが多いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、僕は基本的に
電話がかかってきても出ません。

 

メールが来ても
すぐには返信しません。

 

 

 

 

 

 

「仕事ができる人は
相手からの連絡に即レス!」

 

 

なんて書いてある
ビジネス書も多いですが、
全く理解できないですね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は自分の時間の使い方を
自分で管理しています。

 

 

 

ですが、電話に出たり、
メールにすぐ返信するというのは、

 

「相手の時間」に
合わせた行動なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日書いている
メルマガ&ブログも
集中していれば
「一時間程度」で完成しますが、

 

その途中に電話に出たり
メールを返したりなんて
別の作業が入ると、

 

集中力が切れて
「一時間半」かかって
しまったりする訳です。

 

 

 

 

 

 

 

この時点で
相手に合わせた
行動を取ったせいで、
30分ロスしていますよね?

 

 

意外にも時間のロスって、
こういう小さなことの
積み重ねなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

自分で統計取ってみると
よくわかると思いますが、

 

すぐに対応の
必要がある連絡なんて
数えるほどしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そんなカンタンなことなら
メールで送っといてよ…」

 

ということが圧倒的多数。

 

 

 

ですから、

 

外部との連絡については、
一日のどこかに「対応の時間」を
30分ほど設けておいて、

 

その時間に電話のかけ直しや
メールの返信を
まとめて行えばいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間ってマルチタスクをこなすと、
確実にパフォーマンスが落ちます。

 

 

先ほどのブログの例のように、

 

Aを10分、Bを10分、Cを10分
という作業を六回繰り返すのと、

 

Aを60分、Bを60分、Cを60分と
まとまった時間を確保するのだと、

 

 

 

後者の方が
作業能率が上がるのは
言うまでもないですよね?

 

 

 

にも関わらず、

周りに合わせると
自然と前者のような行動に
なってしまうものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のベストパフォーマンスを
常に発揮し続けることが、

 

結果的にお客様に対して
最大限の利益をもたらすんです。

 

 

 

 

 

相手の時間に合わせて
自分のパフォーマンスを
落とすことが本当に良い対応なのか?

 

ココを見直すと
時間の使い方が大きく
変わってくるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

電話は相手の時間を奪いますが、

 

メールは任意のタイミングで
チェックができますからね。

 

 

 

相手のことを考えるなら、
基本的に連絡はメールですべき、

という文化がもっと広がってほしい…。

 

 

(僕もタイミングによっては出るので、
一応、挑戦はしてみてください 笑)

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss