日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

横にイオンが建っても大丈夫?

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

今週はセミナー受講特典の
個別面談が多数入っています。

 

 

セミナーに関連した
目標設定についての話から入って、

 

ビジネスモデルの
アドバイスをさせて頂く
流れになることが多いですね。

 

 

 

 

 

その中に三社も
似たようなお話を
させて頂いた会社がありました。

 

 

カンタンに言うと、

 

大手を追従するような
ビジネスモデルに
なりかねない部分があったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、首都圏に比べて、

札幌って
情報の流入が遅いんですよ。

 

 

 

 

ですので、

 

大手が持っている
最新の技術や設備なんかを
目の当たりにしてしまうと、

 

「自社でもこういったモノを
取り入れないと生き残れない…」

 

という考えに
なってしまうのも
無理はありません。

 

 

 

 

 

 

 

その結果、

 

「この技術を学ばなければ!

 

「あの設備を仕入れなければ!」

 

「新しいスタッフを雇わなければ!」

 

と、大手のマネをして
あれもこれもと
手がけてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

これって
「イオン」に対抗して、

 

「まいばすけっと」
(ちっちゃいスーパーです)
を作るみたいな行為。

 

 

 

 

 

同じ土俵で勝負したら、

 

品数も価格も
エンターテインメント性も
絶対に大手には勝てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、首都圏から
イオンが進出してきても、

 

負けない会社にするには
どうすればいいのか?

 

 

 

それが「特化」です。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

僕はダーツが好きなので
「HⅰVe」という
ダーツショップに
よく行くんですが、

 

そこにはダーツしか
置いていません。

 

 

 

 

店内は狭いんですが
品数は尋常じゃありませんし、

 

試し投げが

できるコーナーもあり、

 

店員さんの商品知識もスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

もし、このお店の隣に
イオンが建って、

 

その中にダーツの
販売コーナーができたとしても
僕はそこで買うことは無いですね。

 

 

 

 

イオンにとっての
ダーツコーナーは
多数ある販売コーナーの
一つでしかありませんから、

 

売れ筋の商品しか
入荷できませんし、

 

店員に商品知識が
あるはずもないですから。

 

 

 

 

何かの「専門店」を作れば、

資金で圧倒的に劣る大手にも
その分野でだけは
勝つことができるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしくは、

 

大谷翔平選手のように

体が大きくて、
パワーもあって、
速い球も投げられて…

 

みたいなスター選手に対して
才能で劣る選手が
真っ向から勝負したって
絶対に勝てません。

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

「バントの技術だけを磨く」

 

「走塁の技術だけを磨く」

 

「守備の技術だけを磨く」

 

というように、

 

 

地味でも何か一つ
自分が一番優れている
部分を見つけられれば、

 

生き残っていくことは
できるんです。

 

 

 

 

 

 

 

2016年に引退した
読売ジャイアンツの
鈴木尚広選手は、

 

出番がほぼ代走だけなのに
年俸で「6,000万円」
稼いでいましたからね。

 

 

 

 

 

 

もし、彼が大谷選手のような
スターになりたいと思って、

 

パワーをつけたり
速い球を投げようとしたり
していたなら、

 

すぐクビになっていたはず。

 

 

 

 

弱者には弱者なりの
生き残り方が
あるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手の取り組みを
参考にしたり、

 

勉強したりするのは
とても大事なことなんですよ。

 

 

 

 

ですが、大手と同じ戦略を
中小零細企業が取ってはダメ。

 

 

横にイオンが建っても
ビクともしない
ビジネスモデルを
構築していきましょう!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss