日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「固定費」をカンタンに増やすな!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

今週はセミナー受講特典の
個別面談が多数入っています。

 

今回もその中から
事例を紹介させて頂きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、面談を行ったのは、

 

マンションの一室を使い
一人親方として
マッサージ店を運営している方。

 

 

売上がなかなか伸びず、

路面店に移ることを
検討しているとのことでした。

 

 

まあ、よくある話ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで僕は、

 

「なぜ、路面店にしたいのか?」

 

 

を聞いてみたんです。

 

 

その回答が、

 

「路面店なら人が
たくさん来ると思ったので…」

 

 

というものだったので、
ハッキリと言わせてもらいました。

 

 

絶対に止めた方がいい、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、コンサル中に
こういった表現をすることって
まず無いんですよ。

 

 

最終決定権は
社長にありますからね。

 

 

 

コンサルタントは
あくまでサポーターですから、

アドバイスはしても
「○○をするな!」とは言いません。

 

 

 

 

 

…という前提を覆してでも
言わなきゃならない事態だったんです。

 

(相手が付き合いの長い
友人だったこともありますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よほどの戦略や
計画性があったり、

 

資金が豊富にあったりするなら
話は別なんですが、

 

「固定費をできるだけ減らす」

 

 

これはビジネスの鉄則。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの一室から
路面店に移るとなると、

 

当然のことながら
「家賃」「光熱費」が増えます。

 

 

飛び入りで入ってくる
お客さんにも対応するには、

 

スタッフを雇用する必要があるので
「人件費」が新たにかかります。

 

 

 

そのスタッフに
仕事を教えるとなると、
「教育費」もかかってきます。

 

 

 

駐車場を用意するなら
その「賃借料」がかかり、

 

冬場に雪が積もって
除雪の必要が出てくれば
業者を呼ぶための「外注費」も必要に。

 

 

 

 

 

 

他にも、まだまだ
かかるお金は増えますが、

 

それを踏まえてでも
利益が増大するような
戦略がちゃんとありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人は
目立つところに店を出せば、

 

客が集まってくると
勘違いをしているんですよ。

 

 

 

 

 

ですが、客側の目線で
冷静に考えてみてください。

 

 

 

経営者にとっては
世界にただ一つの特別な
自分だけの店だとしても、

 

客からすると
世の中には同業の路面店なんて
いくらでもあるんです。

 

 

 

 

 

今だと、

 

店に入る前にその中身を
ネットで検索するなんてのも
当たり前になってるじゃないですか。

 

 

他の店との価格の比較すら
すぐにできてしまう時代。

 

 

 

そういう状況を
全て踏まえたうえで、

 

「路面店にすることによる
集客や売上向上の戦略」

 

がありますか?

 

 

客が何を見て、何を調べて、
どんな導線で店までやってくるのか、

 

本当にわかっていますか?

 

 

 

 

 

 

 

それが無いのであれば、

 

「固定費」をいたずらに
増やすような行為は絶対にNGです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中には

大きな店舗をいくつも抱えて
たくさん従業員を雇って…

 

と派手に活躍している
会社がたくさんあるので、

 

それを目指したくなる
気持ちもわかります。

 

 

 

 

 

ですが、それは
「毎月の莫大な固定費」という

 

大きなリスクを抱えた
ビジネスモデルだということを
忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

固定費が数百万円、
数千万円というレベルになれば、

 

 

何かのトラブルで

営業停止になったり、

 

自社商材の
上位互換となるものが誕生して
売上がガクっと下がったりすると、

 

 

その対処をする前に
一気に会社が倒産する…

なんてことも十分にありえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの雇用ではなく、
アウトソーシングを活用する。

 

自社の店舗を増やすのではなく、
FCを増やす形式にしてみる。

 

 

 

などなど、固定費を抑えて
ビジネスを拡大していく方法は
いくらでも存在するんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハコを大きくしたり、
人を増やしたりすれば
ビジネスは拡大していく」

 

 

なんて、安易な考えは
持たないようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss