日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

営業マン失敗あるある(早く言いたい)

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

昨日は旭川にて
助成金セミナーを行いました。

 

個別面談の時間があったので、
僕と営業のサイトーさんで
手分けして詳細を説明。

 

 

 

 

多数のご契約を
頂くことができました。

 

 

久々にサイトーさんが
商材の説明をするところを
横で見ることもできたので、

 

本日はその時にした
二つのダメ出しに関してのお話。

 

 

サイトーさんに限らず、

多くの営業マンに
共通のポイントだと思うので、
参考にして頂ければと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が気になった部分の一つ目は、

「金額の話」の仕方。

 

 

 

本人は全く
気付いていないんですが、

 

サイトーさん、
商材の金額について
話をする時だけ
声が少し小さくなってたんですよ。

 

 

 

他にも、金額の話に入る直前に
変な間が空いてました。

 

コレ、おそらく
相手も気づいていないくらいの
微妙な変化ではあるんですよ。

 

 

 

ただ、意識レベルでは
気づいていなかったとしても、

 

人間の脳って
センサーがついているので
無意識レベルで違和感を感じます。

 

 

 

 

お金の話の時だけ
今までと違う話し方になったら、

 

相手からすると

 

「信頼して大丈夫なのかな…」

 

 

と不安を感じてしまうんですよね。

 

 

 

 

今回は理由があって
やや高めの金額設定で
サービス提供をしたので、

 

おそらくサイトーさんの
意識のどこかで
それが腑に落ちて
いなかったんじゃないかと。

 

 

 

 

 

自社の提供する商材の
内容と金額のバランスに
自信を持てていないと、

 

商談の際には
表に出てしまうんですよ。

 

 

ココの意識を固めるのは必須です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの
気になったポイントは、

「相手の話に乗らなかったこと」

 

 

ある時、商談中に先方が
脈絡なく雑談をしてきたんですが
あまりの脈絡の無さに(笑)、

 

サイトーさんが
固まってしまって
2秒ほど沈黙が続いたんですよ。

 

 

 

で、その後に突然、

商談に戻って説明を
また始めたんですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

基本的に人間って、
人の話を聞きたくないし、

自分の話はしたい生き物なんですよ。

 

 

 

にも関わらず、

 

相手の話は膨らませないのに
自分のしたい話だけを
そのまま続けるなんてのは、

 

当然ながら
相手に良い印象を与えません。

 

 

 

 

結局のところ、

 

プレゼンの上手い下手よりも
人として好印象を持たれるかどうかが
商談の際には決め手になります。

 

 

 

 

 

商談とは言っても
「会話」ですからね。

 

 

相手が話をしていて
気持ち良いと感じるように
対応をする必要があるのは、

言うまでもないことです。

 

 

 

 

 

 

なかなか自信を持てず
胸を張って金額を言えなかったり、

 

商談となると
相手の話を聞く余裕を持てず
自分の話ばかりをしてしまったり…

 

というのは営業マンあるある。

 

 

 

 

自社のスタッフが
同じような状態になっていないか
見直してみてください。

 

 

 

頑張れ、サイトーさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という内容で

メルマガを送ったところ、

 

愛読者の方から

 

そのタイトルで、その締め方はダメだ!

 

とのお叱りを受けましたので加筆。

 

 

 

 

 

 

 

 

営業あるある早く言いたい~

営業あるある早く言いたい~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業あるある早く言いたい~

営業あるある早く言いたい~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業あるある早く言いたい~

営業あるある早く言いたい~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業のあるあるを言うよ~

 

 

 

 

金額の話にビビリがち!

 

自分の話ばかりしがち!

 

 

 

以上、営業あるあるでした(笑)。

 

 

二つ言えたので、RGには圧勝です。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss