日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

恐怖!TSUTAYA・GEOのからくり。

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は
美容室の経営者様への
個別コンサルティング。

 

月単位や年単位で
お客さんから

お金をもらい続けられる

商材の作り方について

話をしました。

 

 

 

 

 

読むのが面倒な方は

コチラの動画をどうぞ!!

 

『イチダイジ on Youtube』

 

TSUTAYAやGEOは
こうやって儲けている!

 

 

 

 

 

「延滞」することを前提にした料金設定…

 

 

 

 

定額制などで
固定のお金をもらう
メリットとして例にあげたのは、

 

TSUTAYAやGEOなどの
レンタルショップ。

 

 

 

こういったお店は

 

「10作品以上、

CDや本を同時に借りると
1枚当たり○○円になります」

 

といった

大量レンタルをさせる
仕掛けを常にしています。

 

 

 

 

 

 

この手のサービスは

すごくお得で、

 

1作品当たりの
レンタル金額が
非常に安いんですよね。

 

 

では、

 

「こんな安い金額で
利益が出るのか?」

 

というと、
メチャクチャ出ます。

 

 

なぜかと言うと、

 

一定数の人が
必ず「延滞」をするからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばGEOの場合だと、

 

マンガを10冊以上
まとめて借りると
7日間のレンタルで600円。

(一冊あたり、たったの60円)

 

 

これは安い!

 

 

 

 

ところが、延滞をすると、

 

一日ごとに
一冊あたり60円もの
延滞料がかかります。

 

 

 

 

ということは
10冊まとめてレンタルした後、

 

うっかり三日くらい
返すのが遅れてしまうと、

 

60円×10冊×三日で

「1,800円」もの
延滞料がかかるんですよ。

 

 

 

つまり、延滞の際に
たっぷりとお金を取れるよう、

 

あえて

大量レンタルをさせる
仕組みを作っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを聞くと多くの人は

 

「延滞なんてしないでしょ」

 

と思うでしょうが、

 

 

「仕事が忙しかった」
「ケガをして入院していた」
「急な出張が入った」

 

などなど、

 

返却が遅れる理由なんて
いくらでもあります。

 

 

 

 

もちろん、一度も
延滞なんてしていない
という人の方が
割合としては多いでしょうが、

 

一定数は必ず
ミスをするのが人間なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あえて延滞料を取らない仕掛けも…

 

 

 

 

ちなみに
月額料金を取り、

 

DVDのレンタルを
宅配でおこなう
借り放題サービスもありますが、

 

この場合は逆に
返却期限や延滞料は設けません。

 

 

 

 

延滞料がかからないなんて
良心的に見えるかもしれませんが、

 

コレは大きな間違い。

 

 

返却期限が無いということは
ダラダラと同じ作品を
「長期間借りっぱなしの人」
増えるということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

宅配サービスの場合は、

 

同じ人に頻繁に
レンタルをされると
宅配の回数が増えて
コストがかかります。

 

 

 

ですから、

 

返却期限が無いことに油断して
同じ作品を借りっぱなしの

お客さんを増やしたいんですよ。

 

 

 

このように

 

「人間がミスをしたり、
ダラダラしたりする生き物」

 

ということを利用して
利益率を伸ばしているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自社サービスにも、この仕掛けを!

 

 

 

 

もちろん、この仕組みは

他業種にも使えます。

 

 

 

例えば、

 

マッサージ店などで
6,000円の施術を
月に二回受けに来る人に

 

「月額で10,000円の

定額制にしますよ」

 

というサービスを提案すると、

一回当たりの金額が
5,000円になるので
利益が減るように見えます。

 

 

 

 

 

 

ところが、実際には
月に一回しか来れなかったり、

 

場合によっては
一度も来れない月だって
ある訳ですよ。

 

 

 

となると、

 

施術の回数が減るので
人件費などのコストも

下がることになり、

 

結果的に利益が
増えるケースが多いんですね。

 

 

 

 

 

 

このように

 

「サービスを
提供してもしなくても

一定の金額を取る」

 

という仕組みを作ると、

人間はミスをする生き物なので
多くの利益が残るようになります。

 

 

 

 

 

コレがビジネスの
面白いところですね。

 

 

自社のサービスにも

転用できるよう、

 

色々な角度から

考えてみてください!

 

 

 

 

———————————-

 

【イチダイジ on Youtube NO.23】

 

TSUTAYAやGEOは
こうやって儲けている!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss