日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

その声じゃ信頼されません。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 
 
昨日は、
 
これからおこなわれる選挙の
立候補者の討論会を
見て来ました。
 
 
 
 
 
やはり、
内容がちょっと難しめ。
 
 
ある程度、
政治に関心のある人でないと
理解しにくいのではと
感じましたね。
 
 
 
 
 
 
まあ、
 
「誰がやっても変わらない…」
 
という政治に対する
期待感の低さを考えると、
 
関心を持つのも
難しいとは思うんですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ、僕が政治を
語ってもしょうがないので(笑)
何の話をしたいのかと言いますと、
 
 
「この候補者ダメそうだな…」
 
と最初のスピーチを聞いて
感じてしまった人がいまして。
 
 
 
 
 
 
 
一応、
僕も講師の端くれなので、
 
しゃべることに
関してはプロです。
 
 
 
 
 
 
 
 
その僕がどこで
ダメだと判断したかと言うと、
 
「スピーチ開始から5秒」でした。
 
 
 
つまり、内容ではなく、
 
『声』や『話し方』で
すぐに判断ができたんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政治家に対して
求めることは
人によって違うと思いますが、
 
 
「頼りがいのある人」
「誠実そうな人」
 
といった人格であることは、
 
万人が共通して
必要と感じるのではないかと。
 
 
 
 
 
 
 
 
そういった印象を
相手に持たせるためには、
 
 
「低めの声」
 
「ゆっくりと話す」
 
「文の要所を区切って
ハキハキと話す」
 
といった
しゃべり方が有効です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それが、
 
「か細い高めの声で
ダラダラっと
話し始めてしまった」ので、
 
ああ…
この印象じゃダメだ…
 
と感じてしまったんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政策や実績を
きちんと吟味して
政治家を選んでいる人なんて
ほとんどいないはず。
 
 
 
多くの人は
「何となく」で
選んでいるんです。
 
だから、知名度のある
タレントやスポーツ選手が
すぐに当選する。
 
 
 
 
 
 
つまり、
 
 

「この人の話している
内容は素晴らしい!」

 
とはなりません。
 
 
 
 
 

「この人なら何となく
良い政治をしてくれそう!」

 
というざっくりした
判断をするのが多数派。
 
 
 
 
 
 
 
 
おそらく、
 
この討論会で
どんなことを話すのか
たっぷり考えてきたんだと
思いますが、
 
優先順位を間違えています。
 
 
 
 
それ以前に
 
「どんな声を出すか」
 
「どんな話し方をするか」
 
ココを徹底的に
訓練すべきだったんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顔は変えられなくても、
 
 
「表情」「髪型」「服装」
 
などで
清潔感のある見た目を
演出することができるように、
 
 
 
 
しゃべりだって
 
「声色」「話し方」「トーン」
 
などを変化させれば
相手に与える印象を
大きく変えることができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にも関わらず、
 
「見た目」に比べて
「しゃべり」に対しての
関心があまりにも低い。
 
 
 
 
自分に聞こえている
自分自身の声は、
相手に聞こえている声とは
全くの別物ですから、
 
録音や録画をして
どんなしゃべり方をしているのか
客観的に聞いてみましょう。
 
 
 
 
「何を話すか」よりも
「どのように話すか」の方が
遥かに重要度が高いですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・とは言え、
 
どうやって
しゃべればいいかなんて
なかなか教えてもらえませんよね?
 
 
 
実はこれを
『マサカリの会』で
講師歴17年を超える僕が
直接指導させて頂いてます。
 
 
 
 
 
 
今月はもう
参加を締め切りましたが、
 
次回は
「4/19(金)15:45~」
からおこないますので、
 
 
自分自身の話し方に
自信の無い方、
 
もっとレベルを上げたい方は
今から予定を空けておいてください。
 
 
 
 
 
近日中に来月の
参加募集を始めますよ!
 
 
 
 
 
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss