日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

キャラクターを出すタイミング。

講師業

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は京都滞在の最終日。

 

 

 

朝からイベントに出席して
スピーチを聞く機会が
あったんですが、

 

失礼ながらコレが…
どうも気持ち悪かったんですよ。

 

 

 

 

 

 

自分がプロとして
講師業をやっているので
厳しく見てしまったのかとも
思ったんですが、

 

周りの人も皆さん
同じような感想だったので
やっぱりかと。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、
気持ち悪いと言っても
外見の問題では無いんですよ。

 

清潔感のある身なりでしたし
どちらかと言えばしゃべる技術は
高いと感じました。

 

 

 

 

緩急や抑揚のつけ方は
訓練されてると感じましたし、

感情のこもった
熱いしゃべりもできている。

 

 

ただ……
どうにも気持ち悪さが(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく原因は
演じたキャラクターが
悪かったんですよ。

 

自己陶酔の強さが
最初から前面に出ていたので、
聞く人が一気に引いてしまった。

 

 

 

 

日本人って基本的には

「人と違う」ことに対して
強い違和感と嫌悪感を
持つ民族なので、

 

相手の心をツカむ前に
あまりに異質なモノを見せると
耳が閉じてしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己陶酔自体は
悪いとは言い切れないんですよ。

 

 

アーティストのライブなんかで
ものすごくクサい台詞を叫んでも
観客が盛り上がっているのは、

 

歌を通して
場の空気が出来上がっているから。

 

 

 

 

 

ライブって必ずと言っていいほど、

登場と同時にすぐ歌って
その後からトークの時間に
入っていくじゃないですか。

 

 

それは
何の空気もできていないところで
いきなり話しかけても、

 

心をツカめていないので
空振る可能性が
高いからなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、スピーチの際も
ツカミをきっちりと入れて
徐々に観客を盛り上げていって、

 

ピークになる部分で
多少演技がかった物言いを
していくのであれば、

 

キャラクター作りが
非常に効果的に
働くケースもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

その過程をすっ飛ばして
急にクセの強いしゃべり方から
話を始めてしまったので、

 

冷えた空気が終盤になっても
戻ってこなかった。

 

 

 

僕の目には
そんな風に映りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演じるというのは
大きなパワーを持つ
行動の一つではあるんですが、

 

使いどころを間違えると
聞く人の心が離れてしまう
諸刃の剣でもあります。

 

 

 

嫌われないように
何の特徴も無い淡々とした
話し方だけをするのも
考えものですが、

 

攻める時にはそれができるだけの
空気をきっちり作るべきですね。

 

 

 

 

やはり、
人が話すのを
聞くのは勉強になる…。

 

 

 

++++++++++++++++++++++++

 

 

【マサカリの会 参加受付中!!】

 

2月15日(金) 15時45分~18時20分

 

詳しくはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓

【第三回】マサカリの会 | 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」
アナタは 「木こりのジレンマ」 と呼ばれる有名な説話を ご存知でしょうか? ボロボロの斧を使って 木を切ろうとしている木こりに 刃を研ぐことを薦めたところ、 「木を切るのに忙しくて そんな暇は無い!」 と言い返されたというお話です。 コレを ビジネスに置き換えると、 斧を研ぐ (学びによって自分を磨く) という行為をおこなわずに ボロボロの斧のまま (学ばない自分のまま) 仕事をしても 一向に効率は上がらない という解釈ができます。 ですので、まずは 学びの機会を作って、 自分自身という刃を 磨きましょう。 そして、 どうせなら斧どころじゃなく 『マサカリ(大型の斧)』 くらいまで自分を成長させよう! ということを 主旨とした会を 発足することにしました。 名付けて 『マサカリの会』。 (そのまんま 笑) 学びの際には、 『インプット』だけでなく 『アウトプット』が 何よりも重要です。 「勉強しても 意味なんか無い・・・」 そうお考えの方は、 学んだことを書いたり 口に出したりといった アウトプットをおこなって 自分の中に深く落とし込み、 『実行に移す』という 過程を踏んでないんじゃないかと。

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss