日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

スター選手を変えたアドバイス。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

プロ野球は
オフシーズンに入りまして、
契約更改の結果が
ニュースになり始めています。

 

 

 

つい先日は、

 

ジャイアンツの
キャプテンを務める
坂本勇人選手が年俸5億円で
契約をしたとの報道が。

 

 

夢がありますね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

坂本選手は
守備の負担が非常に大きい
ショートというポジションながら
2016年に首位打者を獲得。

 

 

「3割打てば一流」

 

と言われるプロ野球界で
今年は3割4分5厘という
高打率を残す活躍をしました。

 

野球にあまり詳しく無い方は
「すごく打つ人なんだ!」
と思って頂ければOKです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

ところが、坂本選手って
元々はそこまで打率の高い
選手では無かったんですよ。

 

2013~2015年はずっと
2割7分くらいの打率で安定。

 

 

しかし、2015年のオフに
「あるアドバイス」を
もらったことで、

 

その後の3年間は
平均打率が3割を
大きく超えたそうなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのアドバイスを送ったのは
「トリプルスリー」で
流行語大賞も獲得した
ヤクルトの山田哲人選手。

 

 

 

ここ5年間で4回も
打率3割を記録している
超がつく一流選手です。

 

 

その山田選手は
坂本選手に対して、

 

「月間30安打を
6カ月積み上げれば
3割になるんです」

 

と伝えたんですって。

 

 

これだけだと、
ちょっと何言ってるのかわかりません(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説すると、

プロ野球の主なタイトルは

「打率」「ホームラン」「打点」

この三つです(打者の場合)。

 

 

上記のうち、

「ホームラン」と「打点」は
当然のことながら
途中で減ることはありません。

 

打てば打つだけだんだんと
『積み重なっていく数字』
なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

「打率」だけは

 

「どのくらいの確率で
ヒットを打つことができるのか」

 

という『割合』なので
打てないことが続くと
どんどん下がっていくんですよ。

 

 

 

カンタンに言うと、

 

「3打席に1本」のペースで
ヒットを打つと
打率は3割3部3厘ですよね?

 

 

 

ですが、

もしこの3打席で
ヒットを1本も打てなければ、

 

次の3打席では
2本ヒットを打たないと
打率を3割にすることができません。

 

 

 

 

この3打席も
ヒットを打てなかったとしたら、

 

次の3打席は
全てヒットを打たないと
打率を3割にできません。

 

 

 

 

こういった
プレッシャーがかかるので
なかなか打率って
伸びないんですよ。

 

高い打率を記録している場合も
「打てないとすぐに下がってしまう…」
というプレッシャーがかかりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

山田選手は打率すらも
「安打の積み上げ」
と解釈したんです。

 

発言を振り返ってみましょう。

 

 

 

「月間30安打を
6カ月積み上げれば
3割になるんです」

 

とは何か。

 

 

 

 

 

年間の打数って
多くても600までは
なかなかいかないものなんですよ。

 

600の3割は180です。

 

ということは、年間で
180本のヒットを打てば、
打率は3割になるということ。

 

 

 

 

 

プロ野球のシーズンは
6か月間ありますので、

180を6か月で割ると30。

 

 

このことから
月に30本のヒットを打てば

『結果的に打率が3割になること』

がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

山田選手は浮き沈みのある
「率」に注目するのではなく、

 

減ることがなく
積み重なる「ヒットの数」に
フォーカスすることによって、

 

常に平常心でプレーをすることを
心がけているんですね。

 

 

 

この考え方を知ったことで
坂本選手の成績も
大きく向上したということです。

 

(技術的な理由もあるんでしょうが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも日本人って
減点法で考えてしまう
傾向があるので、

 

10のうちの

「うまくいった3」よりも
「うまくいかなかった7」に
目を向けてしまいがち。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、少なくとも
うまくいったことが3つ
積み重なっているのであれば、

前進しているってことですよね。

 

 

野球と違って
ビジネスの場合は
自分がチャレンジさえすれば、

 

何回打席に立ったって
問題無い訳ですよ。

 

 

 

300の挑戦で
100の成功を掴めるよう
成功率を高める努力をするより、

 

100の成功が積み上がるまで
500でも600でも
挑戦を続ければいいんです。

 

 

 

 

「率を高める」のは難しいですが、

「数を増やす」のはカンタン。

 

さあ、フォーカスする

ポイントを変えてみませんか?

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss