日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

深いぜ、吉本新喜劇。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は、NGKこと
「なんばグランド花月」に
行ってきました。

 

言わずと知れた、
吉本興業の運営する劇場です。

 

 

 

 

 

僕はお笑い好きなので、

 

ぜひ生で一度

見てみたかったんですよ。

 

 

 

スタートは、

「からし蓮根」と
「ザ・プラン9」という

元々知っていた二組が登場。

 

 

やはりテレビとは違って
客席とのコミュニケーションが
生まれる分、

 

面白さがプラスされる
感じがします。

 

 

 

 

 

年配の関西弁コッテコテの
漫才師は驚くほど
つまらなかったので(笑)、

 

(うるさいのはニガテなんです…)

 

途中で退席して
ちょっと休憩をした後、

 

後半の吉本新喜劇から
また客席に戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直なところですね、

 

この「吉本新喜劇」には
あんまり期待を
していなかったんですよ。

 

 

 

テレビで
チラッと見たことが
あるくらいだったので、

 

すごーくベタなボケをして
全員でわざとらしくズッコケて、

というイメージが
強くてですね…。

 

 

なんかこの
「ザ・関西」な空気は
合わないんじゃないかと
心配してたんです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、結論から言いますと、
ものすごく面白かった。

 

 

これは良い意味で
期待を裏切られたなぁ…。

 

 

 

 

ベタなボケをして
ズッコケてなんてのは、

 

あくまでも
舞台を構成する要素の
一部分でしたね。

 

 

 

 

とにかく、

 

「お客さんを楽しませよう」

 

という工夫があらゆる場所に
ちりばめられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも
すごいと感じたのは、

 

「どこがアドリブなのか
全くわからない」んですよ。

 

 

 

 

座長の辻本茂雄が
出演者に無茶なフリをして、

 

いかにもアドリブを
引き出しているような
シーンが随所にあるんですが、

 

 

その後のシーンとのつながりや
用意されていた小道具を見てやっと、

 

「あのやり取りは台本なのか…」

 

と、
かろうじて
予測できる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

演技くささが無いことで
素直に楽しめますし、

 

アドリブが多いイメージを
お客さんに植え付けることができれば、

 

同じ舞台でも
リピートする可能性が
グッと上がるはず。

 

(毎回、違う演目のように
感じますからね)

 

 

 

 

 

好き勝手に面白いことを
やっているように見えて、

 

ものすごく繊細に
作りこんでいる舞台なんだと
実際に見て初めてわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、
外に見えている
派手な部分よりも、

 

内側の細かい部分の
準備が重要なんですよね。

 

 

 

 

 

僕なんかも
人前に立つ講師の
仕事をしているので、

 

しゃべる技術が
目立つことが多いですが、

 

 

その裏で密かにやっている

 

「セミナーの前段階での
メルマガやブログによる仕込み」や

 

「座席配置の決定」や

 

「セミナーの流れの作り込み」

あたりの準備が重要度の
8~9割を占めている感覚。

 

 

周到な準備無くして、

大きな成果を
あげることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表に出る部分ばかりに
注目をしていると、

 

やるべきことの
本質を見失ってしまいます。

 

 

 

やりすぎなくらいの
用意周到さ。

 

見習いたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先週から告知をしている

「マサカリの会」の第一回は、

12/12(水)15時30分~18時00分
(場所は札幌中心部です)

 

となっております。

 

 

 

試験的な意味合いもあるので
最初の三回は特別価格で
参加することが可能です、

 

ご興味のある方は
こちらをご覧ください。

 

 

https://ryosuke-chida.com/1152

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss