日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

反抗期の子ども対策。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日、提携して
業務をおこなっている、

 

高校生の息子さんがいる
Tさん(女性)から、

 

 

「ママ友の話なんだけど、

 

息子さんの
テレビゲームをやめさせようと
コントローラーを取り上げたら、
大暴れされたらしいのよ」

 

 

という話を
聞かせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

ママ友は息子とも
親交のあるTさんに
相談をしてきたようで、

 

 

そこでTさんは
何をしたのかと言うと、

 

暴れたママ友の息子と
一緒にゲームで
遊んだんですって。

 

 

 

 

 

で、

 

「コレ、面白いよ」

 

とママ友も招き入れて
三人でゲームをしたと。

 

 

 

 

すると、

 

「あら、面白いわね」

 

と連鎖が続いて(笑)、

 

結果的に
仲直りできたらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

その後は、ゲームを通して
コミュニケーションも
取れるようになって、

 

長時間、ゲームばかりを
することも減ったんだとか。

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんからすると
テレビゲームの時間って、

 

「何が面白いのかわからない
ムダでしかない時間」

 

だったんでしょうね。

 

 

 

 

 

だから、

 

「そんな時間があったら
勉強でもしなさいよ…」

 

という観点になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、
ゲームに夢中になっている
息子からすると、

 

大事な
「楽しい時間」なんですよ。

 

 

 

それを無理に
取り上げようとすると
反発を受けることになる。

 

 

 

当然のことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に置き換えると、

 

最近は会社の飲み会に
来たがらないスタッフが
増えてるなんて
よく聞くじゃないですか。

 

 

 

飲み会に誘ったら
残業代を要求されたとか、
仕事が終わってなくても
定時になるや否や帰るとか、

 

「ゆとり伝説」みたいに
言われてる訳ですよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

コレもお互いが
大事だと感じるモノが

ズレてるからなんですよね。

 

 

 

別に、仕事のことを
大事だと感じる
人の方が偉くて、

 

家に帰って
趣味に使う時間が
大事だと感じる人が
ダメということではありません。

 

 

 

 

 

大事だと感じることが
自分とズレているからといって、

 

それをないがしろに
してしまっているようだと
円滑なコミュニケーションは
望めないってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと思い出した
あまり関係ない話ですが、

 

僕が塾講師時代に
担当することになったクラスに
いじめがありました。

 

 

 

 

で、いじめていた側の
グループを授業後に
呼び出して話をしたんですが、

 

どんなことをしていたのか
聞き取りをした後に、

 

 

「いじめが楽しくて
やってるんだろ?

 

だったら
こんなもんじゃ
ぬるいって!」

 

 

 

と叱ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「こうした方が
精神的なダメージが
デカいだろうよ!」

 

「みんな
良いアイディア出せや!」

 

と、もっとすごい
イジメ方を皆で
一緒に考えたんです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

ここでは書けないような
凄惨なプランが
仕上がりまして(笑)、

 

「コレをやってみるか?」

 

と聞いてみたところ、

 

 

 

 

「いや、こんなに

酷いことをしたいほど、
嫌いな訳じゃないから…」

 

と子ども達が
ちょっと引いてました。

 

 

 

 

 

で、

 

「中途半端に
いじめるくらいなら
仲良くしとけや!」

 

と話を締めくくると、

翌日からもう
仲良くやってましたね(笑)。

 

 

 

もし、

 

「いじめは良くないぞ!」

 

と上から押さえつけていたら、
うまくいかなかったかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のしていることが
どんなにくだらないことに
見えたとしても、

 

それはあくまで
こっちの価値観です。

 

 

 

「理解」を
心がけた方が
うまくいきますよ。

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss