日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

立ち止まるのも「努力」。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

昔から野球をやっていたことは
度々、記事にもしていますが、

 

高校時代に
思い出深いことがありました。

 

 

僕のいた高校の
野球部のグラウンドは、

テニスコートや
ラグビー場が隣接してます。

 

 

で、野球で使う硬球って
鉄みたいな硬さなので、

 

他の競技場にボールが入らないよう
ものすごい高さのフェンスで
グラウンドが囲まれてるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は一度だけ
打撃練習の時に
このフェンスを越える
打球を打ったことがあります。

 

 

それがいつだったかと言うと、

 

3年生の夏の大会の
最後のメンバー発表が
終わった後。

 

 

 

春の大会は
ベンチ入りしたんですが、

 

ケガの影響もあり
最後の最後で
メンバーから外されてしまい、

 

選手として試合に出る夢は
潰えた訳です。

 

 

 

その直後の練習で
大ホームランを打ったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー発表の前は
野球がすごく
難しく感じてました。

 

 

多くの理論を学んで、
色々な形を試して、
それを実践する訓練を積んで…

 

と、その時にできる
ありとあらゆることを
やって来ましたが、

 

結局、最後まで
しっくりとくる答えは
見つからなかったんですよ。

 

 

 

ですが、メンバー発表が終わって、

 

「もう結果が出なくてもいいんだ」

 

とプレッシャーから
解放された時に
視野が広がったんですね。

 

(いいだけ泣いた後ですが 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結局、打てるボールは
ストライクゾーンを通るから、

 

その時に良い形で
スイングができていれば
それだけでいいんじゃない?」

 

 

と、カンタンに考えられた時に
良い結果がついてきたんです。

 

 

もう遅すぎましたけども…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、おそらく
スポーツに限った話ではなく、

 

経営も同じなんですよね。

 

 

 

 

もがき苦しんで
会社を潰してしまった人が
サラリーマンに戻ってから
経営のことを考えると、

 

おそらく非常に
カンタンに感じるんじゃないかと。

 

 

 

 

「ただ、決めたことを
スケジュール通りに
進めるだけで良かったのでは?」

 

くらいに考えられるはずなんですよ。

 

 

 

 

 

ですが、

全力疾走している人には
周りの風景が見えませんから、

 

もがいている時には
シンプルなことでも
気づくことができないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が今、

 

そのことに気が付けるのは、
コンサルタントという
職業のおかげなんですよ。

 

 

 

「クライアントの会社の経営を
客観的に見る機会を
多く持つことができる」

 

こんな仕事って
なかなかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身が
経営を考えるプロでも、

 

自分の会社のことだけを
考えていると
僕も訳がわからなくなりますもん(笑)。

 

 

 

それくらい
経営って難しいですし、

端から見ているとカンタンです。

 

 

結局のところ、

どの角度から
見るかなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、全力で走るだけでなく、

 

立ち止まって
周りを見渡すことも
立派な経営のための
努力だということです。

 

 

 

全力で走りすぎていると感じた
クライアントとの面談が
先週は続いたので、

 

参考にして頂けばと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、野球して遊んできます。

 

これも努力です(笑)。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss