日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

水に落ちてみた感想。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

先日、支笏湖にて
SUPに挑戦してきました。

 

※SUP(サップ)は
「Stand Up Paddleboard
(スタンドアップパドルボード)」

の略称で、その名の通り、

ボードの上に立ち、
パドルを漕いで
水面を進むアクティビティです※

 

 

 

 

実はですね・・・・

 

水があんま得意じゃないんですよ。

 

(温泉はめっちゃ好きですが)

 

 

 

 

 

 

スタート前に

 

「だーちー泳げるの?」
と聞かれたんですが、

 

 

「小学校のプール学習以来、
泳いだことが無いからわからん」

 

というのが回答(笑)。

 

 

特にトラウマになるような
出来事があった訳でもないんですが、

 

なーんか嫌だったんですよ。

 

 

 

 

 

もちろん、SUPをする際は
ライフジャケットを着るので
落ちても危険性は低いんですが、

 

「水に入るの嫌だなぁ…」

 

というだけの理由で
チャレンジしてなかったんです。

 

 

 

 

ただ、レッドブル400や
ママチャリ耐久レースに
一緒に出ているメンバーの中に
SUPのトレーナーがいるので、

 

その方のお導きに従って
頑張ってみようかなと。

 

 

 

動画のネタにもなるし
(これが一番大きい 笑)

 

思い切って
やることにした訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

最初はビビり倒してたので
ボードの上で固まって
動けなかったんですが(笑)、

 

 

慣れてくると
支笏湖と景色の美しさに
心が解放的になってきまして、

 

あぐらをかいて
リラックスできる感じに。

 

 

 

 

そして、もう一人
初挑戦の方がいたんですが
あっさりとボードに立っていたので、

 

「俺もいけるのでは?」

 

と、思って立とうとしたところ
あっさり落下しました(笑)。

 

 

(その人、自衛隊の
特殊部隊だったらしいです 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう・・・落ちる瞬間
マジでスローモーションに
なりましたね。

 

走馬灯見えそうな感じ(笑)。

 

 

 

一瞬、パニックになりましたが、

 

ライフジャケットのおかげで
あっさり浮き上がりました。

 

 

 

なぜか一回転しながら落ちたので
周りに心配されましたが、

 

実際に落ちてみると
特にどうということもないと言いますか…。

 

 

むしろ、一回落ちた後は
無敵になった感じで
非常に気持ち良かったです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみると、大体たいしたことない

 

 

 

 

 

こんな具合に
やる前は勝手に
難しいと思っていたり、

 

ニガテ意識を
持っていたりすることでも、

 

 

やってみると
何ということもなかった・・・

 

って、結構よくありません??

 

 

 

 

 

手間がかかりそうで嫌だなと
思っていた仕事があっさり終わったり、

 

憂鬱だったクレーム対応が

数分の電話で片付いたり、

 

やりたくなかった営業が
意外と楽しかったりなんて話は

 

多くの方が経験しているのでは
ないでしょうか。

 

 

 

 

 

僕がコンサルティングをすると
だいたい今までにやったことのない
取り組みが入ってくるので、

 

 

クライアントがこういった

 

「うわっ、なんかやりたくないな」

 

という状態に突入する瞬間は
数え切れないほど見てます(笑)。

 

 

 

 

で、その解決方法は
非常にシンプルで

 

「とりあえず一回やってみて」

 

と、強制すること。

 

 

 

 

なぜならやってみると
ほとんどの場合、

 

「思っていたより楽だった」

 

という状態になるからですね。

 

 

 

むしろ、

 

「そんなん楽勝じゃないですか」

 

と言ってくるクライアントの人が
嫌な予感しますもん(笑)。

 

 

 

「大変なことなのでは・・・」

 

という認識を最初から
持っている人の方が、

 

ギャップで楽になるもんなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで

誰しもが今この瞬間も、

 

「なんかこれやりたくないな…」

「大変そうで嫌だな…」

 

と感じていることが
何かしらあるはずですが、

 

 

いつかは
やらねばならないのであれば

できるだけ早めにやりましょう。

 

 

 

 

 

 

そのためのコツは

「とりあえずちょっとやる」こと。

 

 

 

デスクワークなら10分でいいから
机に向かってみる。

 

何件もある仕事なら
とりあえず一件だけやってみる。

 

 

 

 

多くの場合は、

 

「思ったよりたいしたことないな」

 

という印象になると思いますので、

 

それで壁が崩れたら
一気に進めりゃあいいんです。

 

 

 

 

 

僕はもうSUPのボードの
購入を検討するくらい
壁が崩れましたんで(笑)、

 

まずはちょっとだけ

やってみましょう!

 

 

 

 

◆Youtubeチャンネル 
『イチダイジ on Youtube』 9/11更新!◆

 

【お手軽な高単価商材を作れ!】
「ギフトチケット」の活用で、お客さんの予算を確保しろ!

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss