日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

高校野球と運動会の違い。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

 

いやー、他人事ながら

 

米子松蔭野球部の
大会出場辞退のニュースには
キレましたね。

 

 

 

 

野球部と関わってもいない
「学校関係者」が一人
新型コロナの陽性だっただけで、

 

部員との濃厚接触は無く、

 

部員は全員陰性なのに
高野連の規定により出場辞退。

 

 

 

いや、イカレてんのか、マジで。

 

 

 

 

 

 

 

 

辞退が決定した際は
選手達は泣き崩れたとの
報道がありましたが、

 

そんなん当たり前でしょう。

 

 

 

 

 

選手は
一回負けたら終わりの
トーナメントのために、

 

二年半ひたすら
練習し続けている訳ですよ…。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、米子松蔭は
強豪校なので、

 

最後の大会の成績次第で
進学先や就職先にも
大きな影響が出る。

 

 

 

 

 

自分の夢を叶えるという
ドラマティックな側面だけでなく、

 

人によっては
大袈裟でなく
人生を賭けた戦いなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを野球部と
関わってすらいない
一人のせいにして、

 

全て潰してしまう。

 

 

 

 

プロ野球の
ペナントレースだって、

 

陽性の選手は外して
試合を続けてるんですから、

 

選手に陽性者が出たとしても
チームが辞退する必要は
ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

選手はもちろん、

 

陽性だった
学校関係者も

 

 

 

自分が野球部の
可能性を潰したと
思っているでしょうから、

 

心中を察するだけで
辛すぎますね。

 

 

 

 

 

どれだけ注意していても、

 

 

ウイルス感染を
完全に防ぐなんて
できない訳ですから、

 

陽性者が悪いことも決してない。

 

 

 

 

オリンピックができるなら、

 

辞退をしなくても
感染リスクを抑えて
運営しろよと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちとしては
高野連に乗りこんで、

 

関係者を全員
殴ってまわりたい
ところですが(笑)、

 

 

コレって
野球に限ったこと
じゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 

高校野球が
世間的に人気なので
取り上げられているだけで、

 

他の競技でも
同じことはあるでしょうし、

 

 

 

なんだったら

 

「子どもの運動会が
中止になった……」

 

なんてのも
仕組みは一緒。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、僕は自分が
高校球児だったので、

 

野球部関連の話には
大きく感情移入を
してしまうし、

 

 

 

 

自分の子どもがいないので

 

運動会の中止はあまり
ピンとこないというだけ。

 

 

 

 

「子どもの運動会は
この一回しか無いんじゃい!」

 

 

と思っている方は、

 

野球部の辞退以上に
運動会の中止に憤るでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「理不尽なルールに
苦しめられている人がいる」

 

という部分は
全く一緒だとしても、

 

事例によって
受け取り方が大きく変わる。

 

 

 

 

 

同じ

 

「タンパク質の摂取」を
目的にプロテインを買うとしても、

 

 

 

「筋肉がつくよ」

 

と言われると欲しくなる人と、

 

 

 

「肌がきれいになるよ」

 

と言われると欲しくなる人が
いるのも同じですよね。

 

 

 

 

 

 

相手の感情に響く
例えや切り口を使うと、

 

反応は
おそろしいほど変わります。

 

 

 

 

 

商売はここを
意識しなきゃなりませんねぇ…。

 

 

 

 

 

 

 

————————————–

 

 

【巨大なアワビに絶句!】

 

秋田でのんびり過ごした、
三日間のグルメ旅の様子をご紹介

 

 

是非、チャンネル登録をお願いします!!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss