日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

最新の解約阻止の手口。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

先日、とある
月額制のサイトに
無料お試しの登録を
していたんですが、

 

(怪しくないやつです 笑)

 

 

 

使ってみると
サービス内容が
イマイチだったので、

 

お試し期間中に
解約をすることに。

 

 

 

 

 

 

 

こういったサイトは

 

解約のやり方を
わかりにくくするのが

一般的なので、

 

気合を入れて

探そうと思ってたんですが、

 

 

 

かなり目立つところに
「解約はこちらから」の表示が。

 

 

 

 

おお、珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンを押すと、

 

「解約アンケート」

 

という画面が
急に出てきました。

 

 

 

 

まあ、よくありますね、

 

解約の理由を
聞かせてくださいというやつ。

 

 

 

 

 

 

 

二つ三つの
カンタンな質問を
クリックすると、

 

「解約アンケートを
受け付けました!」

 

と、大きな表示が。

 

 

アンケートも
妙にシンプルだなぁ…。

 

 

 

 

あっさりと
メインメニューの
画面に戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・どうも変だな。

 

 

 

このタイプのサイトは
とにかく手続きを面倒にして、

 

「もういいや」

 

と、相手を諦めさせて
解約を防ぐという(笑)

 

 

 

しょうもないやり方が
一般的なはずなのに、

 

諦めが良すぎる…。

 

 

 

 

 

 

 

ドコモとKDDIが
回線を解約するページを
検索エンジンに
引っかからないようにして、

 

総務省から
注意を受けてましたが(笑)、

 

 

まあ、ホント
よくある手口なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不審に思った僕は、

 

解約はこちらからの
ボタンをもう一度押しました。

 

 

 

するとですね、

 

先ほどと全く同じ
解約アンケートの画面が
また出てきたんですよ。

 

 

 

解約は既に
終わったはずなのに…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しにそのページを
一番下までスクロール
してみたところ、

 

 

小さ~い文字で

 

「解約の手続きはこちら」

 

と書いてありました。

 

 

 

 

ココかい!

 

 

さっきのはフェイクかい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手段を選ばない凄み。

 

 

 

 

いやー、コレは
恐ろしい手口ですよ(笑)。

 

 

 

今までのやり方は
解約のページに
いかせなかった訳ですが、

 

あえてページ(ダミー)
に辿り着かせ、

アンケートに回答させ、

 

 

「アンケートを
受け付けました!!」

 

と、大きく表示することで
解約ができたかのような
印象を相手に与える。

 

 

(嘘はついてないですね、
アンケートは受け付けてます…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解約が成立したと
勘違いした方は、

 

このサイトをもう
チェックすることが
ありませんから、

 

 

 

毎月のクレジットカードの
引き落としに気付かない場合、

 

延々と
月額の登録費用を
払い続けることになります。

 

 

 

 

すげえな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話を普通に聞くと、

 

 

「詐欺サイトが!」

 

怒りを
感じるかもしれませんが、

 

 

 

月額料金を
取り続けることだけを
考えるのであれば、

 

すごく有効な手段を
取っているとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

僕はこんな
クソみたいな手段は
絶対取りませんが(笑)、

 

ある意味、純粋ですよね。

 

 

 

 

お金を取ることだけに
全精力を傾けている。

 

 

 

 

 

 

 

普通は良心や
プライドがあって、

 

こういった手段を
選ぶことができませんが、

 

 

ある意味、この姿勢は
見習わなきゃならない部分も
あるのかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホゲームの広告も、

 

実際のゲームと
全く関係の無い映像を

 

さも本編のように
出すのが流行ってますからね(笑)。

 

 

 

 

まともな感覚では
そんな売り方はできない。

 

 

 

 

ですが、経営者は
そういう取り組みすらも
ヒントに変えて、

 

アイディアを
捻出しなきゃならない時が
あるんじゃないかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬるいことばかり
し過ぎていたんじゃないかと、

 

大阪に来て
ちょっと感覚が
研ぎ澄まされてきました。

 

 

 

絶対にマネはしませんが、

 

数字を取りに行く
姿勢だけは見習いたいもんです。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss