日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

卓球ストーカーから学んだこと。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

久々に
ネットニュースを見て
笑ってしまいました。

 

 

それがコチラの記事。

 

 

 

『ある卓球ストーカーの
全日本卓球 

 

弁護士への道も
公務員の職も捨てて・・・』

 

 

ある卓球ストーカーの全日本卓球 弁護士への道も公務員の職も捨てて・・・(伊藤条太)
11日から始まった全日本卓球。そこに35歳にして初めて男子シングルスに出場する男がいる。卓球エリート街道から拒否されながらも出場を果たした卓球ストーカーの物語とは。

 

 

 

 

内容は、

 

低年齢化が進み
10代でもトッププロが
出現する現代卓球界で、

 

 

35歳にして初めて
全日本卓球選手権に

出場した岩城さんのストーリー。

 

 

 

 

 

 

弁護士の父親を持ち、

 

英才教育を
受けたにも関わらず、

 

途中から
勉強を放棄して
卓球に没頭。

 

 

 

中高一貫教育の
エリート校に入ったものの、

 

卓球の練習しか
しない毎日。

 

 

 

 

 

卓球では
たいした成績は
残せなかったものの、

 

ロクに勉強をしなくても
神戸大学に合格。

 

 

 

大学時代は
法学部に入ったにも
関わらず、

 

卓球場に8時半から
22時半まで毎日居座り、

 

やって来る
部員を捕まえては
ひたすら練習。

 

 

 

しかし、たいした
成績を残すことができない。

 

 

 

 

 

 

 

それでも
卓球を諦められず、

 

司法試験は諦め(笑)、

 

練習時間を確保できそうな
公務員を目指すことに。

 

 

 

そして、公務員試験には
すぐに合格。

 

 

 

 

 

完全に弁護士の道が
断たれたことに、

 

自分の事務所を
継がせようとしていた
父親はキレたものの、

 

 

岩城さんは意に介せず
卓球の練習時間を
さらに増やすために、

 

公務員すら辞めて
投資で生計を立てる生活へ。

 

 

 

 

 

 

コレにも成功し、

ひたすら卓球を練習。

 

 

(卓球以外は優秀だな・・・)

 

 

 

 

 

 

 

そうやって
人生の全てを投げ売って
卓球だけを続けてきた男が

 

35歳にしてやっと
全日本選手権に辿り着いた。

 

 

 

感動的なんですが、

 

あまりに狂った行動に
笑ってしまいます。

 

 

 

 

 

ちなみに
全日本選手権の結果は、

 

一回戦で
13歳の中学生に
ストレート負けでしたが、

 

 

もう来年に向けて
始動しているそうです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的に真っすぐな生き方を。

 

 

 

僕はこの記事を読んで、

 

率直に羨ましいと
思いましたね。

 

 

 

 

年代もほぼ同じなので、

 

僕で言うと
未だにプロ野球選手を
目指しているようなもの。

 

 

 

 

 

 

仕事やお金は完全に
生きるための
「手段」であり、

 

卓球という
生きる「目的」
非常に明確。

 

 

 

 

ここまで「目的」が
ハッキリしていて、

 

そのためだけに
人生の全てを
注ぎ込んでいる人って、

 

そうそういないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人は
手段と目的が
ごっちゃになっていて、

 

「年収1億円!」

 

みたいな
目標を掲げたりします。

 

 

 

 

 

ですが、

 

 

実際には

1億円をもらうこと自体に
幸せを感じる訳ではないので、

 

お金という手段を使って
何をするかという目的まで
考えなければならないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

岩城さんを見ていると、

 

この「手段」と
「目的」について
すごく考えさせられますね。

 

 

 

 

アナタも気付くと
そこがズレていませんか?

 

 

手段のために生きる
人生にはしたくないもんですね…。

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

どれだけ頑張っても、

 

ビジネスモデルが
間違っていれば利益は出ない!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss