日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

ボールは頭に当たったら死ぬでしょ。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」

 

という監督の言動に
ショックを受けた
野球部男子部員が不登校になり、

監督を謹慎処分とした。

 

 

 

 

 

 

 

コレ、なかなか
衝撃的なニュースでした。

 

 

教育実習の時には
野球部の指導もしてたので、

この手のニュースは
他人事に思えないんですよね…。

 

 

 

 

まあ、おそらくは過去に
何らかの負の積み重ねがあって、

 

この事件がきっかけで
それが爆発してしまった
ということなんでしょう。

 

 

 

 

硬式のボールが頭に当たれば
死んでも全然おかしくないので、

 

監督の言っていることは
至って普通ですもん(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、
この男子部員が精神的に
弱かったのかもしれませんが、

 

これは高校生に
限ったことではないですね。

 

 

大人でも
メンタルの弱い人が
あまりに多すぎる…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、

 

『敏感』と『鈍感』の
バランスが非常に

大切だと思ってます。

 

 

 

 

 

例えば、営業マンであれば、

 

相手の細かな
表情の変化を敏感に読み取って、

 

感情に合わせた
アプローチをかける
繊細さも重要ですし、

 

 

逆に、

相手が少々身構えてようが

気にせずにガンガン
売り込んでいくような
鈍感さが有効な時もあります。

 

 

どちらも必要な要素なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の場合だと、

 

基本的には
『敏感』な性格なので、

 

誰かがひそひそ
話をしているだけで

 

「悪口、言われてんのかな…」

 

と気になっちゃうんですね(笑)。

 

 

 

クレームの案件を抱えていると、
夜も眠れなかったりした訳ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

意識して『鈍感』な
部分を創り出したんですね。

 

 

 

これには野球部時代の
メンタルトレーニングの練習が
非常に役立ちました。

 

 

 

スポーツの世界でも
前に犯した失敗を引きずると
パフォーマンスが落ちるので、

 

気持ちを一瞬で
切り替える訓練を行うんですよ。

 

 

 

 

これを仕事にも応用して、

 

マイナスな思考を瞬時に
シャットアウトできるように
ひたすら訓練をしました。

 

 

 

 

『敏感』のレーダーで
情報を集めつつ、

 

『鈍感』さで
自分の身を守っていた訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悩み」って
すごくムダな感情で、

 

悩むことって
「どうにもならないこと」
なんですよね。

 

 

どうにかなることなら
対策を立てて行動すれば
解決ができるんで、

 

問題も無くなるじゃないですか。

 

 

「どうにもならないこと」だから
悩むという方法しか取れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、悩もうが悩むまいが
どうにもならないんですから(笑)、

 

そこに時間を取られたり
神経を使ったりするのは
ムダの極み。

 

だから、思考の外に
追い出してしまった方がいいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重ねて言いますが、

 

これは「訓練」で
どうにでもなるんですよ。

 

 

 

うまくいかない原因を
性格のせいにする人って
多いんですが、

 

それを変えようという
発想を持つ人が少ないような…。

 

 

 

 

 

 

悩みや辛いことが無い
人間なんていませんから、

 

そこにどう向き合うかが
真価が問われるところじゃないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現状、弱かったとしても
「強くなろう」としている人は
受け入れますが、

 

「弱いままでもいい」と
思っている人を受け入れる
気にはならないなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

弱い部分は鍛える。

 

当たり前の
発想だと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss