日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

脱!器用貧乏。一芸に秀でろ!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

今年、巨人の坂本選手が
史上二位の若さで
2,000本安打を達成。

 

最も守備負担の大きい
ショートを高いレベルで
守りつつの凄い記録です。

 

 

 

 

 

 

 

巨人は今シーズン
独走で優勝しましたが、

 

固定されていた
レギュラーの選手は、

 

坂本選手、岡本選手、
丸選手の三人のみ。

 

 

 

この三人は
日本代表に文句なく
選ばれるメンバーですね。

 

 

 

 

 

 

ですが、
以前に原監督は

 

 

「その三人と他の選手の
野球の実力はそんなに
大きく変わらない。

 

野球に取り組む姿勢が
違うだけです」

 

と語っていました。

 

 

 

 

 

ホンマかいなと
正直思っていたんですが、

 

昨日から開幕した
日本シリーズの
メンバーを見ると、

 

それを
考えさせられましたね。

 

 

 

両チームとも
「育成出身」の選手が
主力にいたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラフト下位は厳しいのよ・・・

 

 

 

「育成」とは何かと言うと、

 

ドラフト会議で
指名されなかった選手を
練習生のような形で
囲う制度です。

 

 

 

一応、給料は出ますが、

 

最低年俸は240万円と
待遇は決して良くないですね。

 

 

 

ドラフトで
指名されないということは、

 

アマチュアの時点では
そこまでの評価を受けていない
選手の集まりな訳です。

 

 

 

 

 

 

ところが、

 

ソフトバンクの
開幕戦のバッテリーである
千賀投手と甲斐選手は
どちらも育成出身の選手。

 

 

今年盗塁王を獲得した
セカンドの周東選手も
育成出身。

 

 

巨人の外野で
スタメン出場した
松原選手も育成出身です。

 

 

 

 

つまり、

 

日本一を決める試合に
ドラフトから漏れた選手が
バンバン出ているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

プロ野球は、毎年
100人強がクビになりますが、

 

そのうち
ドラフト下位で
指名された選手は6~7割。

 

 

 

ドラフトの時点で
評価が低かった人は
ほとんどの場合、

 

活躍できないんです。

 

 

 

 

それよりもさらに
評価の低い育成選手が
一軍の試合に出るってのは、

 

本当に
凄いことなんですよ。

 

 

(だいぶマニアックな
話になってきました 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明確なストロングポイントを!

 

 

 

 

ちなみに、

 

育成から
這い上がった選手には
特徴があり、

 

それが
「一芸に秀でている」こと。

 

 

 

 

甲斐選手は
肩が異常に強い、

 

周東選手は
足が異常に速い、

 

といった明確な
ストロングポイントが
あるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、

 

その他が
イマイチだったので
ドラフトからは
漏れたということですが、

 

 

一芸があることで
試合に出る機会を
得られるようになるので、

 

そこから弱い部分を
伸ばしていけば
一流になれる訳ですね。

 

 

(器用貧乏は試合での
使い方がわからないので
出番をもらいにくいんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって
ビジネスの世界でも同じで、

 

何でもできる人より
ストロングポイントが
ハッキリしている人の方が
仕事をもらいやすいんですよね。

 

 

 

最終的に一流になる人は
多くのことをバランス良く
できるようになるんでしょうが、

 

 

最初は

 

「コレだけは負けない!」

 

という一点を
磨くことが重要。

 

 

 

 

 

 

仕事欲しさに

 

「アレもできます」

「コレもできます」

 

と言ってしまうと、

 

 

いくらでも
代わりのきく
「代用品」にしかなれません。

 

 

 

 

気をつけなきゃなりませんね…。

 

 

 

 

 

【オススメ動画】

 

「特化」して
価格競争から抜け出せ!

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss