日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

バキバキの身体で、夜中まで働いた理由。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日は、朝早くから
野球に行ってきたという
記事を書きましたが、

 

帰宅後、昼寝をして
目が覚めるともう
身体中がバッキバキ(笑)。

 

 

 

大至急、
筋肉痛がやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、これは
僕だけじゃないと思うんですが、

筋肉痛がある時って
ものすごく眠くなるんですよ。

 

たぶん、身体が筋肉を
修復するために
休みたがってるんでしょうね。

 

 

 

 

 

定期的に運動していると
大丈夫なんですが、

 

たまに動いて
筋肉痛になると
眠さがとんでもない。

 

 

という訳で、

午後の時間はボーっと
過ごしていたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、
結局、僕は夜中の2時まで
仕事をすることになりました。

 

 

 

何をしていたかと言うと、

次の講演に必要な
「企画書の制作」を
していたんですね。

 

 

 

ちなみに
いつ使うのかと言うと、

 

おそらく
「今月の末」くらい。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

そこまで急いで
作らなくていいものを、

 

身体中がバキバキの
コンディションの中で
頑張って夜中まで
作ってたんですよ。

 

 

それは、一体なぜか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は
非常にシンプルで、

「期限を設定していたから」です。

 

 

 

自分でGW期間を利用して
何をしようか考えた時に、
企画書を作ってしまおうと思った。

 

だから、GW最終日を
期限として設定した。

 

 

 

 

その期限を守るためには、

夜中までかかってでも
作業をする必要があった訳ですね。

 

(0時は過ぎちゃってますが)

 

 

 

 

コレ、もし期限の設定を
していなかったとしたら、
絶対すぐに寝てました(笑)。

 

 

「別に今日中に
作らなくてもいいし…」

 

 

「身体のコンディションが
あまり良くないし…」

 

 

という立派な
言い訳がありますから。

 

 

期限を延長したところで、
すぐに困ることは無いですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ハッキリ言って、

会社が発展しないのは
コレが原因の一つです。

 

 

『直ちにやらなくてもいい、
やらなくてはならないこと』

 

これをズルズル
後回しにするから
ダメなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

「社員教育のマニュアル」

 

コレは
すぐに無かったとしても
会社は運営できます。

 

 

 

ですが、マニュアルを作って
社員教育のレベルを上げると、

10%売上が伸びる
としたらどうでしょう?

 

 

 

 

 

月商が500万円の会社の場合、

 

月の売上が50万円増えるので
1月にマニュアルができていれば
年商が「600万円」増えます。

 

 

 

 

ですが、ズルズル
マニュアル作成が遅れて
半年後にできた場合、

 

年商は
「300万円」しか増えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『直ちにやらなくてもいい、
やらなくてはならないこと』

 

 

コレを後回しにすると
目先の困りごとは起きませんが、

 

長い目で見ると
大きな損失が
生まれているということですね。

 

 

 

だから、僕は
自分で設定した期限を
守るように動いている訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……まあ、

こんなこと言うと

カッコイイですけどね。

 

自分で決めた期限を
自分で守るって大変なんですよ。

 

 

 

自分で期限も
延ばしちゃえばいいので。

 

僕は意志が
弱いんでキツいんです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、僕は
日報コンサルティングの
クライアントが、

 

毎日、僕に
日報を送ってくるように、

 

 

自分のコンサルの師匠に
毎日、日報を送っています。

 

 

 

 

 

人に見てもらうと、

ズルズル後回しに
できないですからね。

 

 

 

 

 

 

自分の意志の弱さを

 

「期限を設定して」

「人に見てもらう」

 

という仕組みを使うことで
カバーしているんです。

 

 

 

 

 

社長って誰にも
怒ってもらえないですからね。

 

客観的に自分の行動を
管理する仕組みを持たないと
やるべきことが本当にできない。

 

 

 

それが致命的な
失敗につながることも
有り得ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごく厄介な問題ですが、

これを解決するのが
僕の仕事ですので(笑)、

 

「自分のことを言われてる…」

 

そう感じた方は
ご相談くださいませ!

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

月間月別

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss