日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「数」に騙されるな!!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

5月に書いた
ACのCMに関しての
記事のアクセス数が
安定して高くなってます。

 

 

 

「AC」の盲導犬CMにどうも違和感が。 | 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」
テレビを見ていると だんだん「AC JAPAN」の CMが増えてきましたね…。 自粛期間の象徴だなぁ。 しかし、ACのCMって 「だから何?」 と思うものが すごく多いんですよね。 良いことを 言ってるっぽいが、 それが何につながるのか イマイチわからない。 先ほど流れていたのは 盲導犬に関するCMで、 「レストランなどに 入店拒否をされた人が たくさんいるので、 これをやめましょうよ!」 的な内容でした。 うん、言いたいことはよくわかる。 で、何?? なんですよ。 受け入れの拒否は悪か?? 盲導犬を連れている人の 入店を断る飲食店が 悪だと言わんばかりのCMですが、 僕は経営者側の目線で 考えてしまうのもあり、 どうしてもそうは思えない。 僕は盲導犬が 自分のいる店に入ってきても 何とも思わないですが、 それを嫌がる人って 世の中に一定数います。 うちのスタッフには 道端で犬や猫を見かけたら 走って逃げる子すらいまして(笑)、 こういうのは 理屈じゃないんですよ。 「動物が怖い」とか 「食事をするところにいると 不衛生に感じてしまう」 という人を 責めることなんて できないんですよね。

 

 

 

どうやら
ACのCMを検索する際に

 

「嫌い」という
ワードを入れると
僕の記事が上位にくるよう(笑)。

 

 

別に悪口を書いている
訳ではないんですが……

 

 

 

 

 

 

 

少し前に
盲導犬に関西弁で

 

「ご主人といつも
一緒にいるのが幸せなんや…」

 

といった内容の
勝手なアフレコを入れた
CMがプチ炎上した際は、

 

特にアクセスが
多かったですね。

 

 

(アレは確かに
気持ち悪かったなぁ 笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、情報発信を
している立場からすると、

 

多くの人に
見てもらえることに
悪い気はしません。

 

 

ブログを書いて
最初の一年なんて
アクセスほぼゼロでしたから(笑)、

 

そりゃあ
ありがたい話ですよ。

 

 

 

 

 

 

僕の周りにも
情報発信をしている
お客さんは多いので、

 

「アクセス数(視聴数)が
○○回いきましたよ!」

 

という喜びの声は
ちょこちょこ耳にしますが、

 

 

数字の意味や質は
常に考えなければ
ならないんですよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「数」に意味はあるか??

 

 

 

僕の場合、
メルマガやブログを
書いている目的は、

 

「一度、お会いした人を
時間をかけてファン化すること」

 

です。

 

 

 

 

 

講演を受講した方や
交流会で挨拶した方など、

 

話を聞いてもらったり
顔を合わせたりはしたものの、

 

僕のことを
深く知っている訳ではない
経営者や管理職の方が、

 

 

 

 

メルマガやブログを
読んでいるうちに

 

僕の仕事や考え方に
興味を持ってくれるようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、一定数は
必ずセミナーを受けに来て、

 

一定数はそこで
コンサルティングを申し込み、

 

一定数は講座を受講し…

 

 

 

と、長期的に
お付き合いできる
お客さんになっていきます。

 

 

 

 

 

こういう方に
読んでもらえて初めて、

 

僕の情報発信には
意味が生まれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

「このCM嫌いだわー。
同じ考えの人がいないか
検索してみよっと」

 

といった流れから
僕のブログに辿りつく人が
何万人居たとしても、

 

 

間違いなく
1円も入ってきません(笑)。

 

 

(アフィリエイトでも
やってるなら別ですけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「数」って一番
わかりやすい指標ですが、

 

言うまでもなく
「わかりやすさ」と「効果」は
イコールではありませんよね。

 

 

 

 

ターゲットや目的などが
明確になっていれば、

 

数字に惑わされることも
なくなりますが、

 

誰にも見てもらえないって
ホント辛いので、

 

 

 

 

一旦、「数」の魔力に
憑りつかれると

 

お手軽にアクセスを稼げる
話題のネタなどに
逃げてしまうもんなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何のために」「誰のために」

 

情報発信をおこなっているのか?

 

 

 

逃げたくなった時や
モチベーションがどうしても
上がらなかった時などは、

 

ココを見直してみてくださいね。

 

 

 

 

 

【関連動画】

 

自社のファンを増やす
情報発信のポイントはコレ!

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss