日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「AC」の盲導犬CMにどうも違和感が。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

テレビを見ていると
だんだん「AC JAPAN」の
CMが増えてきましたね…。

 

自粛期間の象徴だなぁ。

 

 

 

 

 

しかし、ACのCMって

 

「だから何?」

 

と思うものが
すごく多いんですよね。

 

 

 

良いことを
言ってるっぽいが、

 

それが何につながるのか
イマイチわからない。

 

 

 

 

 

 

先ほど流れていたのは
盲導犬に関するCMで、

 

「レストランなどに
入店拒否をされた人が
たくさんいるので、
これをやめましょうよ!」

 

的な内容でした。

 

 

 

 

うん、言いたいことはよくわかる。

 

 

 

 

で、何??

 

なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け入れの拒否は悪か??

 

 

 

 

盲導犬を連れている人の
入店を断る飲食店が
悪だと言わんばかりのCMですが、

 

僕は経営者側の目線で
考えてしまうのもあり、

 

どうしてもそうは思えない。

 

 

 

 

 

 

僕は盲導犬が
自分のいる店に入ってきても
何とも思わないですが、

 

それを嫌がる人って
世の中に一定数います。

 

 

 

うちのスタッフには
道端で犬や猫を見かけたら
走って逃げる子すらいまして(笑)、

 

こういうのは
理屈じゃないんですよ。

 

 

 

 

 

「動物が怖い」とか

 

「食事をするところにいると
不衛生に感じてしまう」

 

という人を
責めることなんて
できないんですよね。

 

 

(僕も虫はどうしてもニガテ…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、内閣府の
世論調査によると、

 

ペットを飼っていない人の
割合は63%で、

 

その理由を17%の人が
「動物が嫌いだから」
と答えています。

 

 

 

単純に掛け算をすると、

 

国民の10%くらいは
動物が嫌いなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

対して、日本の視覚障害の
認定者は0.2%ほど。

 

 

その大部分は高齢者なので、

 

盲導犬を連れて
外に出る人の割合って
さらに半分以下なのでは…。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、わかりやすく
あえて大袈裟な話をすると、

 

 

国民の0.1%しかいない
盲導犬連れで来る人を
積極的に受け入れた飲食店には、

 

国民の10%を占める
動物嫌いの人が
来なくなるかもしれません。

 

 

(すごい単純な話にしてますよ)

 

 

 

 

 

狭い店であれば
スペースは二人分取るのに、

 

料金は一人分しか
取れないなんてことが
起こるかもしれません。

 

 

 

 

他のお客様のことを考えて
本来は客単価の高い人を
案内する個室に通したら、

 

その分の売上が
落ちるかもしれません。

 

 

 

 

それをACが
補填する訳でもないのに、

 

受け入れ拒否の店を
悪者にするんじゃねえよと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に人を動かす気がある??

 

 

 

 

言うまでもありませんが、

 

「少数派の視覚障害者は
冷たく扱ってもいい」

 

なんてことを
言いたいんじゃないですよ?

 

 

 

行動するためには
盲導犬が必要なのに、

 

そのせいで
行ける場所の
選択肢が狭まることで、

 

辛い思いをされた方は
たくさんいると思います。

 

 

 

 

それを何とかできるなら
すごく良いことですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、受け入れを
拒否する側だって
商売をやってるんです。

 

どっちも悪ではない。

 

 

 

 

だったら、

 

 

盲導犬の受け入れを
宣誓した店に対しては
補助金を出すとか、

 

スペースを作るための
工事料金を負担してあげるとか、

 

本当に受け入れを増やす
お店を増やしたいのであれば
できることって
色々あるじゃないですか。

 

(やっていたとしても
CMからは全くわからん)

 

 

 

 

そこを無視して

 

「受け入れない店が悪い」

 

という情報を
CMで垂れ流して
何がしたいんだよ……

 

と、疑問に思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「可哀想だ」「気の毒だ」

 

という感情だけで
押し切ろうとしたって
人は動かないですよ。

 

 

 

自分の言い分を通したければ、

 

『相手のメリット』も
きちんと用意しなきゃならんよなと
改めて思った次第。

 

 

 

 

———————————-

 

【イチダイジ on Youtube NO.23】

 

TSUTAYAやGEOは
こうやって儲けている!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss