日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

風俗店勤務の女性は散財をしてる?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

持続化給付金が
性風俗業も対象となりましたね。

 

 

 

それに伴い

繁忙期の昨年12月には
月収200万円だった
風俗店で働く女性が、

 

今は月15万円にまで
月収が低下し
生活に困窮しているという
ネットニュースが流れました。

 

 

 

 

 

 

このニュースに対しては

 

 

「月収15万円で
生活をしている人は
世の中にたくさんいる」

 

「散在して貯金を
していないヤツが悪い」

 

という意見がほとんど。

 

 

 

 

…うーん。

 

 

失礼かもしれませんが
この意見が真っ先に
頭に浮かぶのって、

 

収入が低い人じゃないかと
思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支出は収入に比例して増える

 

 

 

 

繁忙期が
月収200万円ということで、

 

仮にこの女性の
平均月収が150万円
だったとしましょう。

 

 

 

一般的には
収入の15~30%を
貯蓄に回せれば良いと
言われていますから、

 

20%の30万円を毎月
きちんと貯金していたとします。

 

 

 

それでも月に
120万円は使えるって
ことなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

そうなると当然、
生活水準が上がります。

 

 

家賃の高いところに
住むでしょうし、

 

クレジットカードを使えば
月に何十万円も請求が
来るようになるでしょう。

 

 

 

 

 

家具や食べ物などにも
お金を使うように
なるでしょうが、

 

それでも決して
散財をしているとは
言えないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その状態から
徐々に人気が無くなって
収入が下がるのならまだしも、

 

コロナの影響で
一気に収入が15万円に
なるんですよ?

 

 

 

収入が減っても、

 

今までと同じように
家賃は払わなきゃならないし
カードの請求も来る。

 

 

 

 

人は一度上がった
生活水準をカンタンには
落とせませんし、

 

支出を収入に合わせて
減らすことはできないんです…。

 

 

 

 

 

 

 

毎月30万円を
きちんと一年貯金しても
貯まるのは360万円。

 

 

しかし、収入が15万円になって
支出が120万円のままだと、

 

月に100万円超の
赤字が出るんですよ?

 

 

一年かけて貯めたお金も
3か月くらいで
無くなってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ普段の月収が
15万円の人からすると、

 

 

月に200万円の収入があれば

 

「185万円も貯金できる…」

 

と思うんでしょうが、

 

収入の高い人は
支出もそれに合わせて
増えてしまうものなんです。

 

 

(パーキンソンの法則と言います)

 

 

 

 

 

宝くじに当たった人や
何十億も稼いだスポーツ選手が
破産してしまうことって、

 

全然珍しくありません。

 

 

 

お金がある人は
お金をたくさん使うんです。

 

 

この感覚のわからない人が
前述の風俗店で働く女性を
必要以上に悪く言うんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話から
得られる教訓は多く、

 

 

収入が減っても
支出はすぐに減らせないから

 

固定費をおさえた
ビジネスモデルを作るのが
重要とも言えますし、

 

 

 

 

自分の金銭感覚では
高いと感じるものでも、

 

お客様にとっては
安く感じる人もいるので、

 

それを踏まえたうえで
営業をしなきゃならないとも
言える訳です。

 

 

 

 

 

 

 

どっちにしろ、

 

この女性の金銭感覚が
条件反射でおかしいと
感じてしまった方は、

 

経営者としては
ちょっとまずいのかも。

 

 

 

「お金」の価値を
広い視野で考えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

———————————-

 

【イチダイジ on Youtube NO.23】

 

TSUTAYAやGEOは
こうやって儲けている!

 

 

◆チャンネル登録もお願いします!◆

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss