日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

アンチがなんぼのもんじゃい!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

人には
思い出しただけで、

 

顔から火が出るような
恥ずかしい記憶が
いくつかあるもんでして。

 

(落語っぽい)

 

 

 

 

 

 

僕の恥ずかしい
出来事の一つを
目撃していた方が、

 

今でも当時のエピソードで
僕を悪く言っていたことが
昨日の忘年会の際に発覚(笑)。

 

 

 

 

まあ、こっちにはこっちの
言い分があるんですが、

 

9対1くらいで
僕が悪い話だったので(笑)、

 

 

悪く言われても
特に怒りも感じず、

 

「未だにそんな
昔のこと言ってんの?」

 

とは思いましたが、

 

今となっては
どうでも良かったので
その場ですぐ忘れたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、先ほど何気なく
SNSを見ていたところ、

 

学生時代からの知り合いが
投資についてアツく語る
投稿をしておりまして、

 

「俺は新しい
投資のスキームを作った!」

 

的な内容でした。

 

 

 

 

 

ただ、彼の学生時代は
お調子者と言いますか、

 

嫌われてはいないものの
皆の信頼を集めるような
タイプとは程遠く、

 

どちらかと言うと
うまい話に飛びついて
詐欺に引っかかるような
イメージしかない(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

ですから、無意識に

 

「うさんくさいなぁ」

 

と思ってしまったんですが…

 

 

 

コレって
何年も昔にあったことの
イメージ一つで、

 

今でも僕を悪く言ってるヤツと
やってること変わらんな……

 

と気が付いた訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみれば
社会人になってからは
じっくり話したことが無いし、

 

彼へのイメージが
形成された学生時代って
もう15年くらい昔なんですよ。

 

 

 

 

そこから努力して
傑物になったかもしれないのに、

 

なんという
偏見に満ちた目で
人を見ていたんだ…

 

と反省。

 

 

 

 

 

まあ、フラットな
ジャッジを心がけて
もう一度読み直した結果、

 

やっぱり
怪しかったんですけども(笑)

 

 

 

人って過去のイメージに
引っ張られるよなぁ…

 

と、しみじみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

「付き合う人や
スタッフさんを見る時は
先入観を持たないように
しましょう」とか、

 

 

「先入観に囚われない発想が
素晴らしい商品やサービスを
生みますよ」

 

なんて話に持っていくのも
アリかと思ったんですが(笑)、

 

 

今回、率直に思ったのが、

 

「嫌われる」とか
「敵を作る」ってのは
ある程度しょうがないかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

人と違うことをすると、

 

ファンとアンチって
必ずどちらもできるんですよ。

 

 

 

本人が何も悪いことを
していなかったとしても、

 

多くのファンがついたり
目立つ行動を取ったりすると、

 

それ自体を
面白く思わない人が
一定数出てくる。

 

 

 

 

 

そして、
アンチがつくことを嫌がって
行動や思考のパターンを変えると、

 

今度はファンが
いなくなってしまう。

 

 

 

どっちがいいの、って話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は決して
人格者ではないですし、

 

「社会的な常識」と
されていることと
違う行動を取りたくなるので(笑)、

 

それが非常識だと
怒られることもあります。

 

 

 

 

ただ、「それが良い」と
感じてくださる方だけが
お客さんになってくれるので、

 

経営コンサルティングで
関わっているお客様に関しては
ストレスを感じたことって
全然ありませんし、

 

クレームが出たことも
無いんですよね。

 

 

 

 

 

別に僕は
地球全体を救おうとは
思っていないので、

 

こういった
頼りにしてくださる方にだけ
持てる力を注ぎこんで
価値提供ができればいいかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、序盤に出てきた
僕の恥ずかしい話は、

 

ただの粗相なので
絶対にやめるべきですが(笑)、

 

 

マイナスな声が聞こえても
いちいち気にしてらんねえぜと
改めて思った次第です。

 

 

 

 

 

——————————————

 

 

『イチダイジ on Youtube NO.4』

 

「お金を出す理由」を
変えさせることで
高単価商材を売る方法

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss