日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

イチロー選手に狂わされた野球人生。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

今日はブログ仲間も
みんな同じネタを
書いてますね、

 

 

「イチロー選手の引退」

 

という衝撃の
ニュースがありましたから。

 

 

 

 

実は僕ですね、

 

イチロー選手に
自分の野球人生を
狂わされてるんですよ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話かと言うと、

 

僕が中学生の時は
イチロー選手が人気の絶頂で
当然僕も憧れてました。

 

 

 

 

で、当時中学2年で
野球部のキャプテンに
任命されたところだったので、

 

それを機に
「新しいことに挑戦だ!」
ということで、

 

『左打ち』に変えてみたんですよ。

 

 

 

 

 

 

その時は学年で
トップクラスに
足が速かったこともあり、

 

一塁により近い位置に
立つことができる
左打席にしたんです。

 

 

要は、

 

左打ちのイチロー選手の
マネをしたかった訳ですね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、中2の冬はひたすらに
左で打つトレーニングに
励みまして、

 

めでたく中3の春からは
スイッチヒッターになりました。

 

(スイッチヒッターとは
右打席でも左打席でも
どちらでも打てる人です)

 

 

 

 

 

 

ところがですね、

 

実戦が始まると
めちゃくちゃ苦戦したんですよ。

 

 

 

僕は右打席だと
4割近く打っていた
時期もあったんですが、

 

試合になってみると
左打席では全く打てない。

 

 

 

 

 

「中途半端に両方とも
やっているからダメなんだ!」

 

と考え、途中から
右で打つのをやめて
左打席に専念もしたんですが、

 

さっぱり打てるように
ならないまま中3の夏が
終了することに…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、当時の僕は
自分の努力が足りないからだと
思い込んでいたので
そこからさらに練習を重ねたんですね。

 

 

ですが、結局高校でも
完全にはモノになりませんでした。

 

 

途中で右打席に戻そうか
悩んだ時もあったんですが、

 

その時にはもう
練習をしてなかった
右打席の技術は
サビついていたので(笑)、

 

手遅れ。

 

 

 

 

今でも、

 

「左打席に変えなかったら
どんな野球人生だったかな…」

 

と、考えずには
いられないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ…

 

 

右打ちの時は
何も考えなくても
ヒットが打てたので、

 

あまり野球のことを
深く考えていなかったんですよ。

 

 

 

 

左打ちに変えたことで
なかなか打てなくなってから、

 

真剣に野球に対して
取り組むようになりました。

 

 

 

 

その時、

 

「問題を発見」して
「解決に取り組む」という
プロセスを数十回、数百回と
経験できたことが、

 

期せずして今の仕事に
つながっていると
思うんですよね。

 

 

 

もし、ずっと右打ちのままで、

たいした努力をすることもなく
そこそこの結果が
出てしまっていたら、

 

野球が終わった時に
僕の手元に何も
残らなかったかもしれません。

 

 

 

 

そう考えると、

 

イチロー選手に憧れたことで
始まったまわり道も
ムダじゃなかったかなと。

 

 

 

 

何がプラスに働くかなんて
時間が経ってみないと
わからないってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕みたいな
直接会ったことも無い、

 

数多くの人の生き方に
大きな影響を与えたであろう
イチロー選手。

 

 

 

 

引退してから
どう生きていくのかが
すごく楽しみですね。

 

 

願わくば、これからも
野球に携わり続けて欲しいものです。

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss