日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

「型」を作れば、自然にモノは売れる。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

昨日は、

 

日報コンサルティングの
クライアントである
治療院の経営者様との個別面談。

 

 

 

その方が主催するセミナーの
告知文の内容について
アドバイスを求められたので、

 

 

「こんな文章でどうすか?」

 

という例を
その場で何パターンか
アドリブで考えてお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

「なんでそんなに
スラスラと出てくるんですか?」

 

と詐欺師を見るような目で
見られてしまったんですが(笑)、

 

これには
ちゃんと理由がありまして、
「型」を自分の中で
持っているからなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名どころだと
神田昌典さんの提唱する

 

「PASONAの法則」

 

などは代表的な
相手の購買意欲をかき立てる
「型」ですよね。

 

 

 

【P→Problem(問題提起)】

 

「△△でお困りでは?」
「□□は不便だと思いません?」

 

といった、顧客が潜在的に
困っている問題を明確にする。

 

 

 

【A→Agitation(問題の炙り出し)】

 

「△△な時は嫌になりますよね」

 

など、問題をより具体的に
イメージできるようなことを伝える。

 

 

 

【S→Solution(解決策の提示)】

 

「そんな悩みを○○が解決します」

 

と、自社が売っている商材が
どのようにして問題を
解決できるか伝える。

 

 

 

【N→Narrow down(限定性、緊急性)】

 

「数に限りがあります」
「申込は明日まで!」

 

と、すぐに買わなければならない
理由を明確に伝える。

 

 

 

【A→Action(行動)】

 

「名前と電話番号を
チラシの下部に書いて
そのままFAXしてください」

 

「この申込ボタンを押してください」

など、どうやって
申し込めばいいのかを
具体的に伝える。

 

 

 

 

 

 

 

…こういった流れに沿って
相手に営業をかけたり
広告を作成したりすると、

 

買いたい心理に
なってしまうものなんですね。

 

 

 

 

 

 

ということで
冒頭の話に戻ると、

 

このような
購買心理を刺激する「型」が
僕の中にはできているので、

 

 

「次に相手に何を伝えればいいか?」

 

ということが、スムーズに
頭に浮かんでくるということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、

『ビジネスモデル』も
これと基本的には同じで、

 

一旦きちんとした「型」を
創りあげてしまえば、

 

 

 

後はそこに
お客様を流し込むだけで、

 

(この表現がいいのか
わかりませんが 笑)

 

 

自然に自社のファンになって、

 

自然に商材を買いたくなるように
仕向けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにお客様を
どんどん次の段階へと
送っていくための設計図が
描けていないようだと、

 

 

違う商材を売る度に
過度な営業が必要になったり、

 

気づくと顧客リストから
お客様がどんどん漏れて
いなくなったりしてしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、最優先は
「型」をきっちりと決めるための
設計図を描くこと。

 

 

 

その設計図の描き方が
ピンときていないのであれば、

 

ぜひ、
このセミナーで
学んでみてください!!

 

 

 

 

 

————————————————

 

<<時間とお金が増え続ける
『ビジネスモデル構築セミナー』>>

 

※ 申込締切は3/12(火)19時です!
 (満席になり次第、締め切ります)

 

■会場・日時

<会場> 
札幌エルプラザ(北8条西3丁目)多目的室

 

<日時>
【2019年3月25日(月)】
14:00~16:30(開場13:45~)

 

定員10名

 

 

 

 

■セミナー内容(抜粋)

 

・儲かる会社と儲からない会社の
 ビジネスモデルの違い

 

・新規開拓に力を入れても
 利益が手元に残らない理由

 

・なぜ高単価の商材でも売れる?
 「営業」ではなく「仕組み」で売る方法

 

・様々な業種・業態での
 ビジネスモデル改善の事例

 

・利益を生み続ける
 ビジネスモデルの作り方の秘訣

 

 

 

 

 

■参加費

8,640円

 

事前振込となります。

 

振込口座は参加申込を
頂いた方にメールで
お知らせ致します。

 

 

 

詳細はコチラから!
https://ryosuke-chida.com/1540

 

お申込はコチラから!!
http://statesman-ex.com/Ld4/16181

 

 

 

————————————————

 

 

既に5名様から
お申込を頂きましたので、

 

残席は「5」となっております!

 

 

 

申込期限は
3/12(火)ですが、

 

満席になり次第
締切となりますので
ご興味のある方はお急ぎを!

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss