日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

その「質問」は嫌われる。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

昨日、コンサルティングの
顧問契約を頂いた
マッサージ店の経営者様が、

 

すごく「質問」の
上手な方でして。

 

 

 

 

 

「どうしてコンサルタントの
お仕事をしようと思ったんですか?」

 

「メールマガジンの最初に
昨日のできごとを書くのは
なぜですか?」

 

などなど、

 

普段のコンサルティング中は
僕が質問をすることが
ほとんどなので、

 

色々と聞いて頂けたのが
斬新でした(笑)。

 

 

 

きちんとお話をするのは
これが初めてだったんですが、

 

すごく好感を持ちましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はコミュニケーションを
円滑にするための基本は
「質問」だと考えています。

 

 

「話し上手よりも聞き上手」

ってヤツです。

 

 

上手にしゃべる人よりも
話を上手に引き出してくれる人の方が、
相手から好かれますし、
応援してもらえるんですよ。

 

 

 

 

 

 

質問をしてもらえると、

 

「この人は自分に
興味を持ってくれている」

 

と感じるじゃないですか。

 

 

 

相手に興味を持たれるのは
基本的に嬉しいことですから、
どんどん話したくなる。

 

 

で、人間って
「聞くよりも話したい」
生き物なので、

 

気持ちよく
しゃべらせてくれる人のことは
好きになっちゃう訳ですよ。

 

 

ですから、質問って
非常に重要度の高いスキルなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かと言って、
がむしゃらに質問すれば
いいってもんでもなくてですね…。

 

されると腹が立つ
質問ってのもあります。

 

 

例えば、

 

「役所に出すこの書類って
どう書けばいいんでしょうか?」

 

みたいな質問がきたとして、

 

それって
僕に聞かなくても
ちょっとネットで調べたり、

 

役所に直接電話をすれば
すぐにわかることだったり
する訳ですよ。

 

 

 

これは僕に
興味があるんじゃなくて、

 

「自分の利益」のために
している質問ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

お金をもらっている
顧問先なら大歓迎ですが、

 

そうでない方の場合は

 

「なんでアナタが楽をするために
僕が時間を割かなきゃならんの?」

 

と、当然ながら思っちゃいます。

 

 

相手に嫌われる質問ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の例だと、

 

保険の仕事をしている人が

 

「家族構成は?」

 

「どんな仕事をしてるんですか?」

 

「将来に不安はありますか?」

 

と色々質問しているとしたら、
これもやっぱり嫌われます。

 

 

 

 

要は、相手に
興味があるのではなく、

 

『自分の欲しい情報を
引き出そうとする質問』

 

は嫌がられるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とこういう質問を
している人って多いんですよ。

 

 

自分の収入が高いのを
自慢したいがために、

 

相手に仕事の質問を
するような人って
周りにいませんか(笑)?

 

 

 

 

もちろん、計算して使えば、

相手に気づかれずに
自分のフィールドに
引き込むこともできますが、

 

これはなかなかの高等技術。

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションの手段として
質問を使うのであれば、

 

 

まず相手を観察したり
事前に調べたりすることで
興味を持って、

 

そのポイントについての
質問をするように心がける。

 

 

 

 

これだけでも
相手に与える印象って
大きく変わります。

 

自分のしている質問の種類に
気を配ってみてくださいね。

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日刊メルマガ【イチダイジ】

日報ステーション札幌代表の千田が、
日常の出来事から「ビジネスに関する『イチダイジ』
(放置できない重大な出来事)」のエッセンスを
見つけ出し、日々お届けしております。
お気軽にお読みくださいませ!

メールアドレス*

お問い合わせ

会社名 株式会社F.A.O
(日報ステーション札幌)
住所 〒001-0035
札幌市北区北35条西3丁目3−23
日宝ノール北35条105
TEL 011-214-0677
Mail info@nippo-sapporo.com

コメントを残す

日刊メルマガ
【イチダイジ】

メールアドレス*

日報コンサルタント

名前 千田 涼介
職業 日報で売上を倍増させる
日報コンサルタント
住まい 北海道
誕生日 1984年1月13日

Profile

1984年札幌生まれ。
「経営者が事業の成功の先に描く夢」を実現するために密着サポートをする道内唯一の日報コンサルタント。

道内最難関校である札幌南高等学校を卒業後、教師になることを志し、北海道教育大学札幌校へ進学。
小・中・高の教員免許を取得するものの、在学中にアルバイトとして行った塾の講師業に魅了され、卒業後は道内最大手の学習塾に就職。

最年少で科の主任に抜擢され、生徒からのアンケート評価では1,000人を超える講師の中から全国1位を獲得。
入会獲得の営業成績でも2位に倍以上の差をつけ所属支部の記録を作る。

管理職への転向後は独自の講師指導マニュアルを作成し、育成を担当した講師からも全国1位の獲得者を生み出した。
それをきっかけに、「人が成長していく喜び」に生きがいを感じ、経営コンサルタントとして独立。

その後は、大小500以上の企業支援に関わり、クライアントは「顧問契約から一年で、年商が3億円アップ」「顧問契約から三か月で、全国に230あるFCの中で新規契約数2位」「3年間横ばいだった売上が、顧問契約から5か月で最高月商を記録し、その後半年間記録を更新し続ける」などの目覚ましい成果をあげている。

また、助成金コンサルタントとしても、延べ500社以上の「法律に則った社内体制への整備」「申請のサポート」に携わり、中小零細企業をトータルで5億円超の受給に導いた圧倒的な実績を持つ。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

© 2018 日報で売上を倍増!札幌の日報コンサルタントのブログ「チダのイチダイジ」

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss